きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

実証された「祈りがもたらす効験」

 自分のためではなく、他の人々のために祈った体験を、きっと誰もが持っていることでしょう。病気の家族や友人のために祈る、困難な状態にある人々のために祈る、などです。こうした祈りには、大きな効果があることが実験で認められているそうです。

<祈りの効果は実験によって認められています>

 祈りが病人の回復に対して効果的かどうかについて、アメリカではいくつかの研究が行われています。祈りについて多くの著作のあるラリー・ドッシーが、医学専門誌に次のような実験例を発表しています。

 カリフォルニア大学で行われた実験では、心臓病の患者393人を、192人と201人の2つのグループに分けました。そして、192人のグループにだけ毎日、他の人々から祈りを送ってもらいました。
 すると、祈りを送ってもらったグループでは9人の病状が悪化したのに対して、送ってもらわなかったグループでは48人も悪化したそうです。ただし、この実験結果が本当に科学的に妥当であるかどうかは、認める人もいれば認めない人もいるそうです。

 もうひとつは、ミズーリ州の病院での実験です。
 1000人の患者を2つのグループに分けて、一方のグループだけに他の人から祈りを送ってもらいました。すると、祈ってもらったグループの人たちのほうが、10パーセントも回復が早かったという結果が出たそうです。

 また、デューク大学が1986年から1992年に行った実験もあります。この実験では、65歳以上の4000人を調査したところ、毎日祈りをささげている人は、祈らない人よりもずっと長生きしたそうです。
 祈りを送られる人にも、祈るという行為を行う人にも、祈りはよい効果をもたらすというのです。

 いずれも、その結果が本当に祈りの効果を実証しているかどうかについては論争があるようですが、アメリカで祈りの力についてまじめに研究されていることこそが高く評価されてよいのではないかと思います。
 誰かが困難な状況にあるとき、相手には知らせなくても、心から愛と祈りを送ってください。それはきっと相手の力になるからです。

<心から祈ることでゆだねることができるのです>

 困難に直面したり、何かに迷ったり、あれこれ考えても自分の力ではどうにもならないとき、あるいは答えが見つからないとき、私たちは自分を超えた存在に導きやヒントをお願いすることがあります。これは、問題や困難が起こっている次元を超えたところからヒントや答えを得ようとする祈りです。

 問題や困難と同じ次元で考えていては、問題は解決しません。問題の次元を超えた意識によってのみ、本当の解決が見つかるのです。
 祈りはこのようなとき、とても大切です。私たちの意識をより高い方向へと集中させることができるからです。そのとき、私たちはより高い存在とつながり、自然と解決法が見えてくるでしょう。

 苦しくてどうにもならずに心の底から祈るとき、どこからともなく、『ゆだねなさい。そのままにしておきなさい』という声が聴こえることもあるでしょう。
 しかし、多くの場合、はっきりとした答えや導きは現れないかもしれません。けれど、あなたが心から祈るとき、あなたはどこかで自分を捨て、大いなるものにゆだねているのです。そして、自然と心が落ち着いてくるでしょう。それもまた、祈りの効用なのです。



祈りが及ぼす患者の回復への影響がアメリカの大学や病院で実験されています(ダイヤモンド・オンライン)
http://diamond.jp/articles/-/98488

-------------------------------------------------

 かつての日本では、各家庭に設けられた神殿や神棚を朝な夕なに拝し、また何かにつけて近所の産土社に参詣するなど、神前で祈るという行為が日常的に行われていました。
(田舎では今でもごく普通に行われているようですが、更に至る所に祠や小社があり、お花がお供えされている光景をよく見ます。)

 日本古学(国学)では、祈りは幸魂(さきみたま)の徳(はたらき)によって送信され、それを感受する魂の徳を奇魂(くしみたま)と申しますが、魂徳の深秘に触れなければ、祈りのメカニズムを解明することは不可能でしょう。
(サキミタマのサキは「割く」の字の意味で、自分の分魂(分霊)を送信する徳を表し(クシミタマのクシは「串」という意味で、祈りの心を束ねてキャッチする受信機としての徳を表しています。)

 祈りの心は幽中を貫いて一瞬のうちに送信され、また一瞬のうちに感受されて、一念一想一語一句、ことごとく幽顕合わせ鏡のように影響を及ぼしますので、祈念の内容や、それを顕現する言葉の使い方についても、よく気を付けたいものです。



<参考>
祈りのメカニズム(1)(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=37

言葉のもつ力(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=42

怪異実話(6)-母の心願によって救われた人のこと-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=290



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
29位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング