きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

ブータンの人々が日本人より幸せな理由

 インドと中国の間にあるブータン。経済的には決して豊かとは言えない国ですが、2005年の国勢調査では国民の97%が「私は幸せである」と答えています。
 現在、東京都美術館で行なわれている「ブータン~しあわせに生きるためのヒント~」展のアートディレクター、松尾たいこさんにブータンのお話を聞き、ブータンの幸せの秘密を探りました。


<ブータンってどんな国?>

 ブータンは、ヒマラヤ山脈の南にある王国。面積は九州と同じ程度ですが、人口は九州の1/19の70万人。チベット大乗仏教を多くの人が信仰する仏教国で、チベットとインドの間の自然豊かな農業国です。小さな国ですが、非常に豊かな文化があり、伝統は今なおブータンの人々の日常生活に残っています。

 特徴的なのは、GNH(Gross National Happiness)を提唱し、GNP(国民総生産)で測られる経済的な成長よりも、国民の幸せ度を上げることを重視していること。
 イギリスのレスター大学の社会心理学者エイドリアン・ホワイトが、健康、富、教育から独自に算出した世界幸福度指数で、北欧諸国などに混じって8位(日本は90位)にランクインしたほどです。


<近代化はしても、西洋化はしない>

 そんなブータンは、近代化はするけれど、西洋化はしないという方針をとり、そのための仕組みを作っています。
 たとえば、ブータン政府は海外からの観光客に1日当たり250米ドル程度の公定料金を制定。公定料金は内国税に加え、食費・宿泊費・ガイド費用・国内移動費用などに充てられるため、旅行者は豊かなガイド付きブータン旅行をすることができ、同時にブータンの文化を知ることができます。このシステムは同時に、外国の情報や文化の急激な流入を防ぎ、国内産業の振興させることにつながっています。

 近代化するためには、やはり英語を理解する必要があるため、ブータンの教育は国語と歴史以外は英語で教えられています。
一方で、学校など公の場では民族衣装の「ゴ」「キラ」を着ることが勅令で定められています。自分たちのルーツを常に忘れないようにするのと同時に、手仕事で作られる民族衣装を日常的に使うことで、民族衣装に使われる各地の織物の伝統を守っているのです。

 多くの国が、近代化の過程で西洋化し、自分たちの持つ素晴らしい文化や自然をなくしてしまうなかで、海外の状況を知りつつも、自分たちの持つ素晴らしいものを知り、それに誇りを持つことが、ブータンの幸せ度の高さにつながっていると言えるでしょう。

(続きはコチラ)
   ↓

国民の97%が「私は幸せ」と答える世界一幸せな国ブータン。その「幸せの秘密」とは?(ネタりか)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160626-08064685-tabilabo

------------------------------------------------------

 明治以降の日本の西洋化が更に加速しているように見える昨今ですが、欧米諸国の後を追うように様々な弊害が現出し、国民の幸福度も下がり続けているように見えます。
 ちなみにブータンではどの家庭にも祭壇が設けられており、家族や地域の人々、更に全ての人々の幸福を神前で祈る習慣があるそうですが、これもかつての日本では当たり前だった風習ですね。



<関連>
“世界で一番貧しい大統領”ムヒカ氏「日本人は魂を失った」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-3458.html

自主性のない無抵抗な洋風化文明開化主義によって恐るべき変貌を遂げた国家神道
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2153.html

「平和で幸福な、西洋にはないタイプの文明国」だった日本
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2763.html

西洋科学物質文明の限界
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1674.html

なぜ長寿企業には神棚があるのか?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-3030.html

<参考>
幸福度の標準偏差が1位!ブータンの人々が日本人より幸せな理由(ネタりか)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160610-11331941-suzie



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
11位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング