きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「慎みと気配り」という日本の伝統

 江戸時代の武士の世界では、家来は上からの命令は絶対服従で、酒を断ったぐらいで斬り殺されてしまう、というような厳しいイメージがありますが、実はそんなことはありません。
 武士は酒ぐらい飲めるようになれ、と教えられるのではなく、武士の時代にも飲めない人間というのはいて、そういう人への配慮も決まっているのです。

 もし、酒が飲めない人間が、武士の集まる酒の席に出席した時はどうするか。下戸の側も「私は下戸です」とは直接言いませんが、お酌をされる時に、お酌をする人の顔を見るのです。普通は盃のほうに目を下げるのが礼儀ですから、お酌する人に目を合わせるのは異例のことですが、これが「私は飲めません」の合図なのです。
 そして、酌をする人もその合図を察知して、口をつける程度にしか注がない。それについて、亭主やその場にいる人たちも、「おい、注いでないぞ」とは言わない。それで「注いで飲んだことにする」のです。
 これが、武家の礼法です。

 武家の礼法とは、「やせ我慢」ではありませんでした。酒はやせ我慢してでも飲むのではなく、無下に断らなくてもさりげなく断る作法はあるし、飲めない人には飲めない人への配慮が決まっている。
 つまり、武家の礼法とはやせ我慢ではなく「慎みと気配り」なのです。

 例えば、武士は真夏に羽織袴を着ていても、汗をぬぐうことは慎むべきとはいうものの、どうしても暑くてしょうがないという時には、「扇子を2、3間開いて、下方で扇ぐ」というのがよしとされていました。
 つまり、暑さをやせ我慢するのではなく、扇子で扇いでもいいよ、という配慮があったのです。
 ただし、扇子を全開で開けっぴろげに扇ぐのではなく、2、3間ほどちょっと空けて、しかもその風が他の参列者に行き届いたり他の人にもその仕草で暑さを感じさせることのないよう、下のほうからこっそりと扇ぐのです。

 また、武士は正座をするのが当たり前なので、足がしびれてでもやせ我慢して座り続けるものだ、と思いがちですが、これも足がどうしてもしびれた時は親指で立ちお尻を持ち上げる、という逃げ道としての座り方も、作法にはあります。
 それが作法なのですから、それを目にしたほうも、「人の目の前で扇ぐな」「正座を崩すんじゃない」といちいち強要はしなかったのです。

 つまり、「上司の勧める酒が飲めないのか!」という人は、部下に社会人としての礼儀作法を教えているつもりで、実は自分が礼儀作法が分かっていないのです。
 こういう話を書くと、必ずと言っていいほど、「でもうちの業界は、酒は絶対に仕事の必需品で、酒が飲めないと仕事にならないのです」などと反論してくる旧人類が出てくるのですが、そう頑なに思っている人ほど、また自分が上の立場になったら下に強要します。

 そういう人が幅を利かせていて、またそれを「しょうがない」と思っている人ばかり、という業界は、ちっとも発展していきません。今まではそういう時代だったかもしれませんが、それなら今までが特別だったのです。
 強要をすることが礼儀ではないし、強制をすることが作法ではありません。相手に「慎みと気配り」ができる人ほど、信頼を集めるようになる人間です。



理不尽な「俺の酒が飲めないのか」…江戸時代の武士は意外な対応(ネタりか)より
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151107-79762539-magmag

-------------------------------------------------

  「慎みと気配り」は日本の伝統的な精神ですが、明治の国学(古学)及び神仙道の泰斗・宮地水位先哲も著書『異境備忘録』中で、「『書籍を沢山読みて、生合点して学者自慢し、愚人を見下し、無理なる事も道理らしく言ひ曲げ、常に珍言奇事を好み、或は神もなきものゝ如く言ひなし、己より地位高き者を嫉(そね)み、神典などは悪しく譏(そし)り行くほどに、命終りては幽冥界のある事を知らざる故に、狼狽して霊魂の行く処を失ひ迷ひ居(お)る内に、同類を増やさんとする魔神の界に引き入れられて神府(かみのみかど)には至り得ず、不自由を極め永く苦しみを受くる者多くあり』と川丹先生の云へり。故に何れの界に入るも現世の心の居(すわ)り一つなり」と記されており、特に奉道の士にとっては必要不可欠な心得というべきでしょう。


<関連>
儲かる会社に神棚がある理由
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2201.html

<参考>
『異境備忘録』の研究(1) -概略-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=316



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング