きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

ハロウィーンの原義

 今週末の31日(土)はハロウィーンです!日本でもここ数年、様々なイベントが行われるようになりましたが、その起源は中世初期のアイルランドまで遡ります。
 その昔あった「死者の祭り」──。陽気なお祭りでありながら、なぜかホラーめいている、その理由はこの起源にあるのですね。
 カボチャのくりぬき、仮装、トリック・ア・トリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ)など、時代とともにカタチを変えながら、現代へと受け継がれたハロウィーン。その歴史からハロウィーンの謎をひもといてみましょう。


<地獄の炎を灯した、鍛冶屋のジャックの伝説>
 ハロウィーンを象徴するものといえば、オレンジ色のカボチャにくり抜かれた笑い顔──。このカボチャ提灯の「ジャック・オー・ランタン」は、こんな伝説があります。
『アイルランド人の鍛冶屋のジャックは、悪魔にいたずらをするのが大好きだった。そのため死後も天国にも地獄にも行けず、地獄の火を灯したランタン(提灯)を持って、天国と地獄の中間を彷徨っている』
 このジャック・オー・ランタン(Jack-o'-Lantern 別名・提灯ジャック)の伝説から、さらに遙か昔──。アイルランドは、ケルト人が住んでいた土地でした。ケルト人はキリスト教とは違う独特の文化を持っていました。ひと言でいえば、自然は霊的な力を持つとされるアニミズム的な信仰があり、予言や呪術も行われていました。


<10月31日はケルト人にとって、一年の終わりと始まり日を示す重要な日>
 ケルト人にとって、10月31日は一年の終わりと始まり日(日没が一日のスタート)という重要な日でした。サムハインとは、夏が過ぎゆく日という意味。今年の収穫への祝典が行われる日であると同時に、生きるものの世界と死んだものの世界を隔てる扉が開かれる日、でもあったのです。
 天国にも地獄にも受け入れてもらえず彷徨っている死者の魂が、この日だけは家に帰り、家族と安らぎのひとときをともに過ごし、また戻って行く──。こうした鎮魂の日であると同時に、人を惑わす妖精—たとえばゴブリン、精霊、悪霊なども開かれた扉からやってくるとされていました。
 ケルト人の新年の儀式ではすべての火が消され、祭司によって新たな聖なる火が灯されました。この火は闇に対抗するように、太陽を称えるための焚き火であったといいます。


<語源になったのは、キリスト教のハローズ・イブ(Hallows’Eve)>
 ヨーロッパ圏のほぼ全域でキリスト教が主流となっていく7世紀を過ぎた頃、キリスト教にも万聖節(All Saints’Day)が生まれました。All Saints’Dayも死者を祈る日。サムハイン祭を取り込むように11月1日に制定されました。Saintsはアングロサクソン語のHallow。Hallow’s Eve(イブ)が短縮されて「Halloween」と呼ばれるようになったのです。
 ハロウィーンはサムハイン祭の影響を大きく受けていました。地域によっては妖精伝説が根強く残り、身を守るために仮面を着けたり、また悪霊払いの焚き火をして、この日を祝いました。焚き火は魂を救済する役目も担ったといいます。また、各家庭では魂を迎えるためにsoulcake(ソウル・ケーキ)を作り、それをもらい歩くことをsouling(ソウリング)と言っていました。
 時は流れ、19世紀にハロウィーンがアメリカに渡ると、トリック・ア・トリート(お菓子くれなきゃ、イタズラするぞ)に代表される悪ふざけや無礼講が許される一日として、子どもたちの一大イベントとして発展していきます。同時に、趣向を凝らした仮装も、ハロウィーンの大きな楽しみになっていきました。
 魔女、黒猫、骸骨などのアイコンは、遠い昔に妖精や悪霊の存在が、今以上に信じられていた頃のなごりともいえます。
 ──日々の暮らしの中で、見えない世界や存在を感じることが少なくなってしまった現代ですが、冬へ向かうこの時季に、闇の世界を切り裂くお祭り騒ぎこそが、今も昔も変わらぬ万国共通の人々を高揚させる、抗しがたい魅力なのかもしれません。



「死者の祭り」から生まれた「ハロウィーン」は、天国と地獄の間を彷徨う、魂の救済の祭りだった(ネタりか)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151027-21600130-tenkijp

--------------------------------------------------

 仏道で行われる施餓鬼供養も、鬼道で苦しむ一切の諸精霊を和ませるために行われるもので、日本では先祖への追善として盂蘭盆会(うらぼんえ)に行われることが多いのですが、これもハロウィーンと同義の修法といえるでしょう。
 「日々の暮らしの中で、見えない世界や存在を感じることが少なくなってしまった現代」とありますが、霊性(霊感)という点では太古の人類の方が勝れていたのかもしれませんね。

 ちなみに江戸時代の日本古学の大家・平田篤胤先哲は、膳に向かう度に礼をしてから箸を取り、飯椀を取って頭上に捧げ、目を閉じてしばらく詞(ことば)を唱えてから食事をされたそうですが、その理由を次のように述べられています。

「世にあるものは、全て神の恩頼(みたまのふゆ)によらないものはないが、中でも五穀は伊勢外宮に鎮まります豊宇気姫神と申す神の御体より成ったもので、内宮に鎮まりませる天照大御神が『こは愛しき青人草(人類)の食ひて活くべきものぞ』と宣われて殖生(ふや)し給われたことから始まり、その他の食物も外宮の神の神徳によらないものはないため、膳に向かう時にはまず大神たちにその謝礼を申し上げるのだ。
 箸をいただくにせよ何にせよ、一つの用をなすものには全て霊(みたま)があり、決して粗略にせず、少しでもその徳に感謝しようとしている。机に向かう時も退く時も、全ての文具に礼をなすのはこの意味である。
 また、椀を取ってしばらく念じることは、日々に天地間にますあらゆる鬼神に、私の身分に応じた供え物はするけれども、それではまだ満足がいかず、常に食事をするたびに、その初穂を手向け、私はその残りをいただくという志を表すだけである。ただしこの鬼神に手向けることは、僧は時に行うが、世の人はほとんど行わない。私は思う旨あってこのようにするが、弟子にもこのようにせよとは教えない。」



<関連>
人類はこの3000年の間に知性・感性共に退化している!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2485.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング