きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

実は一生に関わる?古典を学ぶことには大事な意味があった

 「古典は幼児には難しい」なんて思っていませんか?あなた自身は全くこんなことを思っていないかもしれません。しかし、意外とこういった固定観念を持っている人はたくさんいるのです!
 そこで今回は、名作の骨頂である古典を学ぶ意味について、『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』の著者の立石美津子が少しお話ししたいと思います。

■古典により小さい子どもに美しい日本語が身に付く

 幼い子どもが俳句、ことわざを読む姿を見て「論語読みの論語知らず」「十で神童十五で才子二十過ぎればただの人」と馬鹿にする人がいます。でも実際、ただの人になっているでしょうか。そんなことはありません。
 良い耳を作るために、胎教として「クラシック音楽を聞かせるのが良い」と耳にしたことがある方は多いと思います。良い音感を獲得させようというわけです。このとき、演歌や童謡は決して選ばれることはありません。

 言葉も同じです。言語を獲得する時期に貧弱な言語や悪い言葉の環境に置かれるよりも、素晴らしい最高の言語環境にいることで”言葉の感性”や”語感”が獲得されます。
 「幼い頃に覚えたものは石の上に刻まれる。大人になってから覚えたものは氷の上に刻まれる」という言葉があるように、幼児期に耳にした言葉は母国語の土台として記憶の奥深くに刻まれます。
 それで、子どもに言葉を教えるために、昔から残されている古典や名作が選ばれています。古典に幼い頃から触れることにより、生涯使い続ける日本語の美しい土台が作られるのです。

■小さい子どもには繰り返し声に出して読むといい

 しかし、学校教育の中で古典を学ぶのは中学生以降、母国語獲得の時期を過ぎた年齢で学んでも単なる知識、受験のための勉強となるだけです。
 小学校入学前の特別な訓練をしなくても、繰り返しを好み、しかも、無負担無努力で身に付けられる時期にぜひ言葉の感性は養っておきましょう。
 新品のテープに録音、録画をしておかないで、再生ボタンを押しても、何の音声も映像も出て来ないのと同じで、インプットされる内容が豊かにされれば、アウトプットされる思考も豊かになります。
 自分の思いを人に伝えること、作文を書くことなど豊かな語彙力があってこそ、花開きます。ひたすらインプットするだけでいいんです。

 幼児に古典を与えるときは、「意味の解釈はせず、声に出して音読する」という”素読”という方法をとってください。
 子どもの頭の中では知識という形をとらず、単なる感覚的な音として、リズムとして無意識的に刻みつけられていきます。「読書、百篇、意、自ずから通ず」で、後になり、意味が分かってくるものです。
 解釈や鑑賞をせず、古典をそっくりそのまま、暗唱すればよいのです。人生経験の短い子ども達に古典の持つ深い意味など、分かるはずありません。
 また、時代背景、その時代の人々の生活についてしっかりとした知識がなければ、例え、意味の説明をしても正しい理解はできません。
 よって、早急に意味を求めようとはせず、言葉そのものを繰り返し声に出して読みましょう。これにより、深く心の奥底に根を下ろし言葉の土台となります。



実は一生に関わる?古典を学ぶことにはこんな大事な意味があった(ネタりか)より
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140312-00056617-itmama

-------------------------------------------------

 幼い頃の古典の「素読」によって、生涯使い続ける日本語の美しい土台が作られるということは、言霊の威力を如実に示しているといえるでしょう。
 序文「臣(おみ)安万侶(やすまろ)言(まお)さく、それ混元既に凝りて、気象未だ効(あらわ)れず。名も無く為(わざ)も無し。誰かその形を知らむ。然(しか)して乾坤(あめつち)分かるる初め、参神、造化の首(はじめ)を作(な)し、陰陽ここに開けて、二霊群品の祖(おや)と為りき。所以(このゆえ)に、幽顕に出入りして、日月、目を洗ふに彰(あらわ)れ、海水に浮沈して神祇(かみたち)身を滌(すす)くに呈(あらわ)る。かれ、太素(たいそ)は杳冥(ようめい)なれども、本教に因(よ)りて、土(くにち)を孕(はら)み、島を産みたまひし時を識(し)り、元始は綿邈(めんばく)なれども、先聖に頼(より)て、神を生み、人を立てたまひし世を察(し)る」及び本文「天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時、高天原(たかまのはら)に成りませる神の名(みな)は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」から始まる『古事記』も美しい大和言葉で記されており、幼い頃から親しんでいれば、言葉の感性だけでなく日本の国体について自然に学ぶことができるかもしれませんね。
 また、麗しい大和言葉で記された祝詞を奏上することも、日本古来の大和心を育むために役立つように思います。下記は、一般に用いられている「神棚拝詞」です。

「これの神床(かむどこ)に坐す、掛けまくも畏(かしこ)き天照大御神・産土大神等(うぶすなのおおかみたち)の大前を拝(おろが)み奉(まつ)りて、畏み畏み白(まを)さく。大神等の広き厚き御恵を辱(かたじけな)み奉り、高き尊き神教(みおしえ)のまにまに、直く正しき真心もちて、誠の道に違(たが)うことなく、負い持つ業(わざ)に励ましめ給い、家門(いえかど)高く身健(みすこやか)に、世のため人のために尽くさしめ給えと畏み畏み白す。」



<関連>
美しい日本語を取り戻そう!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2407.html

清陽な言葉を使えば「言霊によって幸」となる
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2249.html

「からだ言葉」を取り戻そう!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2447.html

<参考>
言葉のもつ力(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=42

『古事記序文』解説(1)(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=189



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング