きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「他人の悪口」は薬物依存と同じ

 会社のトイレや休憩中、女子会など、2人以上集まれば出てくるであろう”他人の悪口”。誰かが口走った悪口をきっかけに、話が盛り上がることも少なくないでしょう。
 でも実は、悪口を言った当人が“1番損をする”ことに気付いている人は少ないものです。

 実際に、悪口を言った本人の人格は疑われるし、いずれ自分が悪口のターゲットにもなってしまうし、そもそも人を非難する感覚に慣れてしまえば、本当の喜びや幸せで満足できなくなってしまうのです。一時の快楽のために長期的には自分を損ねてしまうという点で、“他人の悪口”はあたかも薬物依存のようなものなのです。

 今回は、そんな“他人の悪口”を言うデメリットについて、具体的に5つご紹介します。これを知ったら、もう他人の悪口なんて言えなくなってしまうかもしれませんよ。

■1:“壁”を作られる
 悪口を言う人との付き合いには、“(悪口を聞いている)自分も悪口を言われるリスク”が伴います。本音や内緒の話をしたところで、悪口のネタにされ、他に人に言いふらされてはたまりません。
 悪口を聞きながら、「本音を見せないようにしよう」「表面上だけ付き合っておこう」と壁を作る人は多いでしょう。

■2:自分の人格を落としめる
 たとえば「お金目当てでしょ」「目立ちたいだけでしょ」「媚び売ってるだけだよね」という、“裏の感情を読んだ悪口”は、言った当人の人格を疑われます。
 上記のような発想は、“自分も考えないと言えないセリフ”です。人間は“自分が普段考えていること”しか口に出せません。つまりこの発言は、考えたことがある当人しか言えないのです。
 「私はそんなことしない」という意見もあるでしょうが、常に“お金目当て”というフィルターで人を見ていることはバレます。

■3:自分も悪口を言われる
 “悪口を言う当人自身”も、悪口の比較対象に入っています。あなたが悪口を言った後、あなたのいない別の場所で、「あんなこと言ってるけれど、あの子自身はどうなの?」と比較されます。あなたに落ち度がなくても、「上から目線だよね」と捉われることも、多いものです。
 誰かを批評する時は、必ず自分も比較対象に入ることを覚えておきましょう。

■4:全員にマイナスな感情を生む
 悪口止まりでは、何かが改善されるわけでもありません。悪口を言う人、それを聞いている人、悪口を言われた人、みんなが暗い気持ちになったり、傷付くだけ。プラスが1つもないのです。

■5:“嫌な気持ちよさ”にしか満足できなくなる
 中には悪口を言うのが「気持ち良い」「ストレス発散になる」という人もいるでしょう。でもそれは質の悪い、嫌な気持ちよさ。
 嫌な気持ちよさは、例えるなら“麻薬”と一緒です。一見気持ち良さそうで、実際は心にも体にも悪いもの。これを続けていると、脳もこの感覚に慣れます。嫌な気持ちよさしか満足できず、本当の気持ちよさや幸せでは、満足できなくなるのですね。

 以上、他人の悪口を言うデメリットについて、具体的に5つご紹介しましたが、いかがでしたか?
 周囲を不幸にし、自分の人格を落とし、感覚まで麻痺させてしまう“他人の悪口”。それでもあなたは、誰かの悪口を楽しめますか?



じつは薬物依存と同じ!「他人の悪口」は即刻やめたほうがいい理由5つ(ネタりか)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140224-00067955-wooris

-----------------------------------------------

 古神道では、人生において最も重要なことは霊格(人格)向上及び心魂の清浄化とされていますので、「自分の人格を落としめる」ことや「“嫌な気持ちよさ”にしか満足できなくなる」状態は、最も忌避すべきことでしょう。

 また、「自業自得」「身から出た錆」「人を呪わば穴二つ」「悪事身に返る」「お天道様身に石」「天に唾して己が面に掛かる」「噂をすれば影が射す」などの言葉があるように、日本人は昔から他人の悪口を言うことを戒めてきましたが、医学的にもこのことは立証されているようです。
   ↓

人の悪口を言うと自分自身が傷つく理由
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2247.html


<関連>
憎しみの言葉は悲劇をもたらす
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-3160.html

悪魔を育てる「憎悪」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-3178.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

おはようございます 

心魂の清浄がまだまだの私は、時折胸を突き破りそうになる激情を感じる事も多いのですが、美香さんの記事を思い出し何度も救われています。これからもよろしくお願いします。
  • posted by satoshi 
  • URL 
  • 2015.02/15 09:24分 
  • [Edit]

Re: おはようございます 

satoshiさん
激情を感じた時は「まっいいか!」ですね(^^)v
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2015.02/16 08:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング