FC2ブログ

きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「テロと戦う」という言葉に違和感を覚えなくなった日本人

 最近の指導者達は「テロと闘う」という言葉を好む。

 本来は、貧困や差別、搾取と闘い「テロを無くす」と言うべきだろう、と考える。

 「テロと闘う」という言葉は「自分達に歯向かう者を排除する」というだけで、その根底にある問題解決の視点が決定的にかけている言葉ではないだろうか?



「「テロと闘う」という言葉は「自分達に歯向かう者を排除する」というだけ:川内 博史氏」(晴耕雨読)より
http://sun.ap.teacup.com/souun/16565.html

------------------------------------------------

 明治以降、西洋のあらゆる文物が日本に流入して来ましたが、善悪二元論的思考は日本人に最も大きな影響を及ぼした思想の一つでしょう。

 「二元論」とは、「異なった二つの原理で、あらゆるものを説明しようとする考え方」(大辞泉)ですが、最も古い形態は、「光と闇」、「天と地」、「善神と悪神」などの対立を原理とする西洋の宗教的二元論に見られ、自分たちを絶対善と決定することによって、「我々に刃向う者、即ち神の国の実現を邪魔する異教徒は悪魔であり、異教徒を殺すことは我々の使命である」というキリスト教の教義が生まれ、十字軍などによる掠奪と虐殺が行われました。

 日本が第二次世界大戦に引きずり込まれたのも、自主性のない無抵抗な洋風化文明開化主義によって欧米思想に同調したことが一因であったことを考えると、現在の日本はとても危険な状態にあるといえるのかもしれません。
   ↓

自主性のない無抵抗な洋風化文明開化主義によって恐るべき変貌を遂げた国家神道
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2153.html


<関連>
日本人に刷り込まれた「善悪二元論思考」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2357.html

奇跡のりんご:木村さんの言葉「敵なんて、どこにもいなかった」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-3128.html

善悪を決めつけない神道の寛容さ
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1805.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

こんばんは 

違和感と言えば、イスラム国って国じゃないのに、なんでイスラム国って呼ぶのかってのもありますよね。
マスコミの報道のあり方に問題があると私は感じます。
  • posted by satoshi 
  • URL 
  • 2015.02/09 18:05分 
  • [Edit]

Re: こんばんは 

satoshiさん
イスラム教徒全体を敵視しているようにも感じられますね。
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2015.02/10 10:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング