きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

ノルウェー産サケにはご用心を!

 スーパーの魚売り場や回転寿司で、鮮やかなピンクにサシの縞が入ったサケ(大西洋サケやギンザケ、トラウト)を見ると、つい手が出てしまいます。養殖サケは、安いうえに「オメガ3脂肪酸でコレステロール減少。頭も良くなる」と、日本の家庭や学校給食でも購入量のトップを占めています。

 こうしたサケは、ほぼ全量が輸入の養殖物。塩鮭などでおなじみの国産紅鮭(野生種)とは別物です。日本の輸入量全体では、チリが68%とダントツ(2012年。以下同様)。次にノルウェー 11%、アメリカ10%と続きます。ただし、日本に輸入される生のサケは、90%以上がノルウェー産。冷凍ものは80%以上がチリ産ですが、チリの輸出量上位を占める会社は、ノルウェー資本の企業です。世界全体でみると、ノルウェーのサケ生産量は13年に114万トンと、チリの46万トンに大きく水を開けています。

 また、サケなどの海水養殖用の餌は、ノルウェー資本の2社が世界市場を独占しています。しかし13年6月、当のノルウェー政府が「サケなど脂の多い魚には、有害汚染物質が蓄積されているので、若い女性や妊婦は週2回を超えて食べないほうがいい」との通達を出しています。この通達は国内のみで、外国には伏せていることがわかり、ヨーロッパで波紋が広がっています。
 フランスの公共テレビ「フランス2」は13年11月、北欧の清冽なイメージとはかけ離れた養殖魚汚染の実態を暴露するルポルタージュを放映しました。

<ノルウェー産サケは世界一汚染のひどい食品>
 ノルウェーの養殖場では、数百万尾のサケを密集して飼っているため、病気や寄生虫が頻発します。これを防ぐため、原発労働者のような防護マスク・防護服を身に着けた職員が、ジフルベンズロンなどの殺虫剤を、太いホースで生け簀に撒いています。
 養殖タラは、寄生虫駆除で使われる殺虫剤で、遺伝障害のある奇形魚が多発し、それが天然のタラにも広がっています。ノルウェーのベルゲン大学の調査では、養殖サケに含まれる有害化学物質の量は食品のなかで、ずば抜けて高いことがわかっています。
 天然サケに含まれる脂肪分は5~7%ですが、脂が好まれるため、養殖ものは脂肪の多い飼料を与えて、15~34%に高めています。脂肪分の多い飼料には、バルト海産のイカナゴが大量に使われます。バルト海はアザラシの大量死でも知られる高汚染海域で、汚染はとくに脂肪に集中します。
 スウェーデンでは魚屋でバルト海産の海産物を買うと、政府の指導で店員が「汚染が強いので週1回以上は食べないように。妊婦や乳児は食べてはいけない」と客に注意しているほどです。

<モンサント社の殺虫剤を脂肪の酸化防止に使用>
 また、魚の加工工場から出る頭や内臓、規格不適合品などの残渣(残りかす)は、ほかの加工食品や化粧品、ペットフード、水産飼料の原料などにリサイクルされています。さらに、飼料工場では米国の多国籍バイオ化学企業であるモンサント社が開発した殺虫剤・エトクシキン(野菜や果物用)を脂肪の酸化防止剤として添加しています。
 欧州食品安全機関は、エトクシキンの人体への安全評価を行わないまま認可し、魚への利用をまったく規制していないため、その使用は野放し状態なのが実態です。ちなみに、その危険性を指摘する論文を発表したベルゲン大学の研究者は、上層部からの圧力で職を追われています。
 このように、脂身の多い養殖魚では、水産飼料を通した食物連鎖によって、汚染が何重にも生物濃縮される構造があるのです。ノルウェーの環境団体は「とくにノルウェー産サケは世界一汚染のひどい食品」と警告しています。
 ノルウェーの食品安全研究所に在籍していたフランス人研究者のC・ベチューヌ博士は「若年層では、養殖サケを食べる健康メリットよりも、ダイオキシンやPCBなどの害の方が大きい」と指摘しています。

<残留汚染物質を調査 日本は水銀規制のみ>
 米国の学術雑誌『サイエンス』(04年303号)掲載の、養殖サケ中の残留汚染物質の調査は大きな反響を呼びました。それ以降、各国の専門家が警告を発しています。ロシアは06年にノルウェー産サケの輸入を禁止しました。
 日本の厚生労働省は「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」(10年改定)を公表していますが、対象物質は水銀のみで、サケは含まれていません。



「ノルウェー産サケは世界一汚染の ひどい食品 養殖サケに含まれる汚染物質は、 脳の発達に悪影響を及ぼし、自閉症や活動過多症」より
http://www.asyura2.com/13/health16/msg/705.html

---------------------------------------------

 有害な汚染物質を食すると肉体に悪影響を及ぼすだけでなく、さらに精神にも悪影響を及ぼすのは自然なことでしょう。
 神道では穢れを忌み、修祓を第一義としますが、それはケガレとは「気枯れ」で、生気(清気)が枯れることによって意気消沈すると、運気も下降して余計な災いを招き、本来の使命を果たすことに支障が出るためです。

「天照らす神の授けし真白玉、ひかり見ねばや人の知らなく」

 上記は本居宣長先哲が詠まれた歌で、人の魂(生命)は「精神」つまり「精なるもので穢れなく澄み切った神の分霊」ともいい、元は清陽純真なるものですので、自分の中で最も大切に尊奉敬持すべきものですが、その魂(真白玉)は身体の内に在って目に見えないためか粗略に思い、穢れに触れても祓い清めようとせず、あるいは穢れていることにさえ気が付かずに放置することは非事(ひがごと)であるという意味です。



<関連>
あの食物がうつ病リスクを上昇させる
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2653.html

<参考>
清明伝(1) -災いは穢れから-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=198



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング