きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「魂など存在せず、精神とは脳のことである」という精神医学の考え方

 精神科の治療の歴史は、拷問の歴史と言っても良いでしょう。一般人の感覚からすると、考えられないほど野蛮で非科学的な療法がまかりとおっています。勉強すればするほと、身の毛のよだつ真実が判明します。現在行われている治療も、アンチ・スティグマのベールによって覆い隠されていますが、基本的には何ら変わっていることに気付かされます。同時に、なぜこれほど精神医学が問題を引き起こしているか納得できます。

 そもそも、一般の日本人が抱いている「精神」のイメージと、精神医学による「精神」の定義とは、全く異なるものであることに落とし穴があります。日常生活に仏教や神道の考えが昔から入り込んでいる日本人にとっては、魂であったり、精神的存在というものを特に違和感なく受け入れています。ところが、精神医学はそのような「精神的」なものを扱ってくれると思ったら大間違いです。なぜならば、精神医学は、いわゆる精神を否定しているからです。

 精神医学は、西洋の唯物論的思想に端を発していることに注意して下さい。そこでは、魂など存在せず、心とは脳のことである、という考えが基本です。したがって、精神医学的治療は、そのほとんどが、物理的手段によって脳の構造を変えるという手段をとるのです。よく、「心の専門家ということだから精神科にかかったのに、全然心のことはみてくれず、薬しか出してくれない。」という声を本当によく聞きます。それは、「心」や「精神」の定義が、一般人と専門家の間で認識が全く違うからなのです。

(続きはコチラ)
   ↓

精神疾患が脳に起因するというドグマを信奉する精神科医(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=298640

------------------------------------------------

 日本古来の神道では、一霊四魂という思想や鎮魂法、使魂法といった行法が存するように魂の実在が前提となっており、清祓を第一義とするのも、穢れ無き清浄(正常)な魂(精神)を保つことが重要とされるからです。
 いずれにしても、自らの身内の霊魂を認識するか否かは、その人の生涯及び身後の幽真生活に大きく影響を及ぼすでしょう。
 ちなみに、明治の古神道の大家・宮地水位大人によれば、甚だしく悪念や怨念が凝結した者の霊魂は凝結が容易に解けることがなく、悪気や濁気が充満する重濁な界に属して永く苦痛を受けることになるとされています。



<関連>
肉体は滅んでも霊魂は残る
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2553.html

神道の「四魂」という概念
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2819.html

太古の日本人の「生死」についての考え方
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1524.html

<参考>
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=324



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング