きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

火事から子猫を助ける親猫

 「あかきこころ」を持った動物たちの行動は、しばしば私たち人間に感動を与えてくれます・・・

火事から子猫を助ける親猫
http://www.youtube.com/watch?v=TuUzh0ghDwc



 日本の古伝でも、愛する人を守るために自らが犠牲となった女性のことが伝承されています。
 皇統第12代景行天皇の御子である日本武尊は父天皇の命を受け、反乱の地に赴いては、これを平定して凱旋しますが、最後となる遠征に付き添っていた妻の弟橘姫命が、次のような別れの歌を残しています。

「さねさし 相模の小野に 燃ゆる火の 火中(ほなか)に立ちて 問ひし君はも」

 この歌は、海が荒れ、難破を免れないと悟った弟橘姫命が、「私が海に入って海神の怒りを鎮めますので、どうかあなたはご自身の任務をまっとうして下さい」といって入水した時のものですが、以前、敵に欺かれて火攻めに遭った時、「相模野の燃えさかる火の中に立ちながら、私のことを気遣って下さった君よ」という、せっぱ詰まった時でも自分のことを気遣ってくれた御子に対する感謝の気持ちを表したもので、愛する夫が使命を果たすためなら自分が犠牲になることを厭わない、ゆるがない信念をもった精神を象徴しています。



<関連>
日本古来の「あかきこころ」を忘れずに
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2233.html

<参考>
魂と心の関係(2)(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=40



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング