きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

霊峰・石鎚山に登拝

先日は西日本最高峰の石鎚山に登拝して参りました。

土小屋の遥拝殿から石鎚山を拝した後、登山口から1㎞ほど登ると石鎚山頂が見えてきます。

石鎚山紅葉


紅葉がとても綺麗です。
石鎚山紅葉2


幸運にもブロッケン現象に遭遇しました。
ブロッケン


眼下には雲海が広がっています。
石鎚山雲海


2時間ほどで山頂に到着し、早速、頂上社を拝します。
石鎚山頂上神社


この日は頂上の山荘に宿泊しましたので、午後6時からの夕拝に参列し、修法後に後ろを振り返ると・・・
天狗岳が夕陽で赤く染まって絶景です!
(天狗岳のすぐ左側が手箱山(筒上山)です。)

石鎚山天狗岳


美しい夕方の風景に感激です。
石鎚山山頂夕景1


日が暮れてから外に出てみると頭上には全く雲が無く、天の川や数多の流星がハッキリ見える満天の星空でした。
午前4時頃には頂上社の真上に北極星とすぐ右側に北斗七星(まるで巨大な玄武神です)、南の空にはオリオン座、そして何と南極星(カノープス)を見ることができました。


午前5時頃になると東の空が明るくなってきて幻想的です。

石鎚山、朝日の天狗岳


そして・・・心身が清められるような御来光です。
石鎚山山頂の朝日


頂上社で朝拝を行い、玉串を奉納して登拝の御礼と日本が本来の姿に戻ることを祈念申し上げた後、下山しました。
この度も人生が変わるような感動をありがとうございました。

「石鎚大神、守り給へ幸(さきは)へ給へ」




ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング