きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

なぜ長寿企業には神棚があるのか?

「長寿企業」大国ニッポン!
「26000、1200、600、190、40」――これはさまざまな資料をもとに集計した、日本における創業100年以上、200年以上、300年以上、500年以上の企業のおおよその数です。世界に目を向けてみると、創業200年以上の歴史を持つ企業の40%以上がなんと日本に存在しています。ちなみに、日本に次いでドイツ、フランス。この3カ国で全体の70%。有名な金剛組は聖徳太子の時代からある世界最古の企業。そう、日本は、「スーパー」が付くほどの長寿企業大国なのです。

 長寿企業といってもさまざまです。大規模に事業を展開し株式を公開している企業から、伝統工芸的なビジネスを家族経営で守っているものまで。変化が大きく速いといわれる現代において、このような企業から何を学ぶことができるのでしょうか。

 この連載では、創業300年以上の歴史を持ち、年商50億円以上のビジネスを展開する企業69社を「日本型サスティナブル企業」を名付け、その経営の秘密を3つのポイントについて見ていきます。武士の時代に創業され、明治維新(開国)、日清戦争、日露戦争、関東大震災、二度の世界大戦、東日本大震災など想像を絶するさまざまなことを乗り越えてきた企業ですから、学ぶべきことはたくさんあるはずです。


100名の部下と神棚にお参り
 数多くの日本型サスティナブル企業は、神事・祭事・仏事を重要視しています。神棚や御札、時に自社で創った神社には、事業に関わりの深い神様が祀られています。たとえば、日本酒業界では、豊作の神様、お酒の神様、建設では建築土木の神様、製造業では安全の神様といった具合です。
 経営的にはさまざまな課題を抱えた金剛組ですが、現在でも月に2回、朝礼で聖徳太子をお参りしているそうです。業種によってさまざまな神様が存在しますが、共通するのは、自然や安全など自分で制御しきれないことへの畏怖の念です。

 ある長寿企業に勤務する40代の部長は言いました。「正直、若いころはなんだかなぁ……と思っていましたが、今の歳になって毎年行っている神事の意味が分かってきました」
 最先端技術を強みにグローバルに展開する企業のイノベーション担当の課長は、定期的に約100名の部下と一緒に工場に設置してある神棚にお参りをするそうです。「二礼、二拍。最初はばらばらでまったく合いませんでした。やり続ける中で、完全に一致するようになった瞬間があったのですが、そんなときにリーダーとしての自覚というようなモノがわいてきた気がします」
 ちなみに、本書の執筆者の一人は事業承継者ですが、インタビューを重ねる中で、自身の会社にも神棚を設置するに至りました。

 自然にしても、安全にしても、努力によって改善することはできますが、最後は、人事を尽くして天命を待つ、という心境にならざるを得ません。神棚や御札にお参りをするという行為は、人智を超えたあらがえないものへの「謙虚」な気持ちと、生かされていることへの感謝の気持ちを行動に表すことになります。
 このようにあらがえないものへの畏怖の念や、謙虚・感謝の気持ちを身近に感じることは、往々にして独りよがりになりがちな社長や創業者一族などへのガバナンス的な効用もあると考えられます。

 直接的にガバナンスとの関係を言及される経営者はいませんでしたが、明らかに、神や自然の前での無力さ、生かされていることへの感謝から、自らを律する姿勢を感じることができました。ルールで縛る近代的なガバナンスとは対極にある究極のガバナンスシステムと呼べるかもしれません。



なぜ長寿企業には「神棚」があるのか(東洋経済オンライン)より
http://toyokeizai.net/articles/-/48501

---------------------------------------------

 『平家物語』に「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」とあるように、「謙虚」や「感謝」を忘却して地位や財力を誇り、思い上がって勝手な振る舞いをすれば必ず滅びる時が来ることは、企業にせよ個人にせよ国家にせよ同様でしょう。
 独り静かに神前を拝して祝詞を奏上すれば、畏怖の念や謙虚、感謝の気持ちが自然に顕れて参りますが、これも日本古来の素晴らしい精神文化の一つでしょう。



<関連>
「自らの不徳を詫びる」ということ
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2711.html

謙譲の心を忘るべからず
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2656.html

儲かる会社に神棚がある理由
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2201.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

こんばんは 

衣食住の全てを自然界から頂き、それを加工したりしなければならない不完全な動物が人間であるが故に、自然界に対して頭を下げ、共存させていただいている事に感謝する姿勢を形にするのが神棚の一つの目的なんでしょうね。
  • posted by satoshi 
  • URL 
  • 2014.09/27 19:35分 
  • [Edit]

Re: こんばんは 

satoshiさん
日常の生活の中で大自然を感じることは困難で、また人は何か形がなければ崇敬することを忘れてしまうために発明されたのが神棚なのでしょうね。
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2014.09/28 10:54分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福岡市で国家戦略特区。私はイヤです。

西日本新聞が一面で「福岡市の特区」のことを 扱っていたので、読んでみたのですが・・    私は特区なんて絶対に反対ですよ。 TPPと似たようなもんでは? キーワードは「規制緩和」です。    確かに日本の企業の国際競争力は他国に比べて 相対的に落ちています。 貧困が進んでいます。 これは単純に能力がないからなんです。  行政、政治、経営者、どれもセンスが悪いからです。 ...

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング