きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「丹田呼吸法」の勧め

 徳川将軍剣術師範役・柳生新陰流の剣豪柳生宗矩(享年76)をはじめ、剣豪はおしなべて長寿だ。そして何といっても剣術者にメタボはいなかった!その秘密は独自の呼吸法にあったのだ──。

 江戸時代の禅僧沢庵のエピソード集「沢庵珍話集」によれば、柳生宗矩は、ただでさえタバコによる失火の多さから喫煙禁止令が出されていた当時、沢庵にタバコが呼吸器系、循環器系の器官の害になると指摘されても、いっさいこれを無視した。それほどの、今で言う「チェーンスモーカー」だったという。

 それでも76歳まで生き、均整のとれた体型を維持できたのも、他の剣豪同様、剣術者特有の呼吸法にあった。その呼吸法というのが“丹田呼吸法”だ。

「丹田とは丹を育てる田んぼ。つまり丹薬(不老不死の薬)を作り出す場所のこと。へそ下寸に位置すると考えられている。丹田呼吸法とは、丹田で呼吸すること。下腹を張り、丹田に意識を集中させ、吸う息を短く、吐く息を長く行う呼吸法。腹式呼吸が発展したものと考えればいい。呼吸を鼻で行うのがポイント」(東洋医学研究家・佐々木一正氏)

 呼吸は自律神経でコントロールされているが、自分でもコントロールできる。血行がよくなり、新陳代謝が高まるうえ、ダイエット効果は絶大だそうだ。



江戸時代の剣豪に学ぶメタボ解消法!(ネタりか)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20140812-00010003-asagei

--------------------------------------------------

 日本古学(国学)によると、幸福な人生をおくるためには誰もが備えた天授の「寿徳」と「福徳」を最大限に発動することが重要とされ、それは呼吸法に大きく関係することが伝えられており、古神道には様々な丹田呼吸法が存しますが、下記は明治の古神道の大家・宮地水位大人によって伝えられた、誰でも出来る簡単な調気の法です。

「人が気中にあることは魚が水中に遊ぶがごとくにして、魚の腹中に水の出入せざれば即ち死す。また人の腹中に気の出入せざるも同じことにて死す。その理(ことわり)は一つなり。調気の術を修めんと欲せば、常に密室を得て戸を閉じて床を安んじ、席を暖かにし、枕の高さ二寸(約6cm)ばかり、身を正しくして臥(ふ)し、目を閉じて握固(親指を中に入れて軽く握る)し、両足の間、相去ること五寸(約15cm)、両の肘と体と相去ることまた各五寸にして、まず気を閉ずることを習う。鼻を以て清気を吸い入れ、漸(ようよ)うに腹に満たしてその気を閉じ(数秒間息を止め)、久しくして口より細々に吐き出す。」

 これは丹田呼吸法の基本中の基本ですが、様々な修練を積んでいくうちに、幕末の名医・平野元良大人が記された以下の状態になって参ります。

「身体を運転すべき大気を中心の丹田より運びて、上下左右平等に周遍(まわりあまね)く時には、求めずして不可思議の妙用を備え、変化自在の徳を持つにも至るべし。もし然(しか)る時は、心に憂愁憤怒の悩みもなく、天地とその徳を同じくし、日月とその明を合するものというべきなり。」

 「求めずして不可思議の妙用を備え」るに至るのは、要するに生々化育(自然が万物を産み育て宇宙を造り上げていること)という宇宙の真理(自然の摂理)と一体化するためでしょう。



<関連>
誰でも出来る「幸せホルモン」を作り出す方法
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2683.html

「息づかい」という技術
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2542.html

「元気ですか?」の原義
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2211.html

<参考>
幸福な人生をおくるために(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=63

気力を充実させる法(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=66



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

丹田呼吸法ですか。
白隠禅師の、「夜船閑話」「遠羅天釜」などに、解りやすく細かく書かれていますね。
「天台小止観」も私は参考にしています。」
  • posted by 竹林乃方丈庵 
  • URL 
  • 2014.08/13 17:13分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

竹林乃方丈庵さん
丹田呼吸法については、多少経路が違って見えますが東洋諸国に多く伝えられていますね。
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2014.08/14 11:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング