きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

富と無関係な日本的美意識

<わびさびにみる日本の美の定義>
豊かな自然に囲まれた国土に育つ日本人は、優れた美意識を身に着けてきた。無自覚のうちに。そして、その美意識はおそらく生き方にまで影響している。美に殉じる国民なのかと思える程に浸透していて、特別に意識することすらない。

 日本人の美意識は自然崇拝から発生している。西欧のような華美な装飾や対称の美しさだけが美であるとは捉えない。神道のお社は、簡素質素で清浄。自然と溶け込むくらい調和している。
 自然が培う美意識とは、調和と無為。あるがままの姿、穢れ無き姿がもっとも美しいとする感性。簡素で自然な姿に美を見出した。

 わびさびも日本の美意識が現れたもの。侘(わび)は「正直に慎み奢らぬ様」「清浄無垢」を表し、寂(さび)は古いものの内側からにじみ出てくるような、自然そのものの作用に重点をおいた、外装などに関係しない美しさの事。
 わびの中に、穢れ無き美しさを見出し、さびの中に自然そのもののあるがままの美しさを見出す。

 日本が発見し価値を見出した、わびさびの美の最大の特徴は、質素倹約でありながら、同時に美しくもあるという点。美しさを求めるのに必ずしも富を必要としないところ。王侯貴族だろうが、庶民だろうが同じように、わびさびの美を求めることができる。美が上流階級だけのものじゃない。
 先ほどのスキラッチのインタビュー記事の訳者は、イタリアでは、豪華で美しいものは上流階級のものであって、ある程度から先は自分たちには関係ないという意識が、庶民的感覚に根付いているために、「遺跡や美しい街を誰もが愛しているとは限らない」ということも出て来るのだろうと指摘している。

 日本的美意識は、富と無関係であるが故に、庶民への普及を促進しつつ生活に密着した。日本人は、自らの立ち振る舞いや心根から美を追求した。
 フランシスコ・ザビエルが当時の日本を指して語っているように、日本人にとって、貧困は貴族にとっても武士にとっても平民にとっても、決して恥ずかしいことでも、不名誉なことでもなかった。正直さが美徳として通用する社会を当時からつくりあげていた。
 わびさびに代表される、その身そのままで美しいとする自然な美意識は、同時に日本人の特質になっていった。

 フランスの駐日大使をやっていたポール・クローデルは、昭和18年に日本が敗戦濃厚になった時、パリでこのように言った。
「日本は貧しい。しかし、高貴である。世界の民族でただひとつ、どうしても残ってほしいと思う民族をあげるとしたら、日本人だ」


<清めの思想>
 日本人にとって、穢れなき姿とは、神様にお会いするための作法。神社は掃き清められた聖域。参拝者は鳥居をくぐって、本殿に向かう前に手水で手を洗うけれど、本来的な意味は身を清めること。
 穢れ無き姿、穢れ無き心でもって、神様にお会いする。穢れた姿では、みっともない格好では神様にお会いする資格などない。そう思っている。清めの思想が流れている。

 日本人は、清めの思想を内に向かって求めることで、正直さ、誠実さが最も大切なものという意識を浸透させていったし、清めの思想を外に向かって求めることで、無為自然、あるがままの姿が美しいとする、日本独特の美意識を生んだ。
 日本人の美意識では、自然のあるがままの姿こそ最高の美。だから、自然保護は美しさを保つための努力と同義。お化粧やエステと同じくらい、求めて止まないものになる。意識が違う。

 わびさびの美をいわゆる「美欲」として求めたとき、人々の生活は変わる。すべてを美しく生きようとする姿勢は、そのまま自然との共生になる。
 現代の消費型社会では、物欲なんて普通だけど、「美欲」、それも「わびさびの美欲」にシフトすることができれば、世界は物欲社会から離陸してゆく。消費社会が循環社会へと変貌する。
 わびさびには富の多寡は関係ない。わびさびが世界で理解され、実践されていけば、欲界から離れ、共生の世界に近づく。やはり日本が世界を拓く鍵を握っている。



「日本的美意識は、富と無関係であるが故に、庶民への普及を促進しつつ生活に密着した。」(るいネット)より引用
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=292009

------------------------------------------------

 安倍首相のHPには、「教育再生」と題して「安倍内閣が掲げた『美しい国、日本』の姿は、品格ある国家、社会を創り、世界から信頼され、敬愛される国です。誰もが日本に生まれたことを喜び、誇りに思うことができる国創りを目指すためには、教育の再生が必要です」と記されていますが、まずはかつての寺子屋で国学者によって教えられていた美欲を再生して頂きたいものです。


<関連>
国学を教える寺子屋で子供たちが学んでいた人生観
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2155.html

最も重要なことは日本の文化的独立を守ること
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1976.html

日本に「偏差値」というシステムが導入されたわけ
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2481.html

<参考>
衆議院議員 安倍晋三 公式サイト「美しい国、日本」
https://www.s-abe.or.jp/



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

ご無沙汰しております 

わびさびって、その人の生き様が使う道具であったり、その本人からにじみ出る雰囲気だと私は感じています。
道具って不思議なもので、使い方で様々な顔を見せてくれるもの、古い道具でも使い手により輝いて見える、これこそがわびさびってものなんだろうなって、私は解釈しています。
  • posted by satoshi 
  • URL 
  • 2014.07/17 21:22分 
  • [Edit]

Re: ご無沙汰しております 

satoshiさん
「わびさび」は目には見えませんが、その人の人格(霊格)を決定する大切なモノだと思います。
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2014.07/18 10:30分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング