きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

前世の記憶を持つ子供が増えている

 「生まれる前のお空の話」を親に語る子供が増えています。そんな記憶を持つお子さんの不思議な話。

<「輪廻転生」を否定するのは無理>
 今日はパンチェン・ラマ11世、ゲンドゥン・チュキ・ニマ(ジェツン・テンジン・ゲンドゥン・イェシェ・ティンレー・プンツォック・ペルサンポ)の25歳の誕生日です。(この記事は4月25日に書いたものです)
 彼は1995年5月14にダライ・ラマ法王により正式に故パンチェン・ラマ10世の生まれ変わりとして認定された3日後に、家族ともに中国当局により連れ去られ、未だ確実な消息は全く得られていません。連れ去られた時、彼は6歳だったので、それから19年が経った今日、生きていれば25歳の若者になっているはずです。

 パンチェン・ラマとは、チベット仏教において、ダライ・ラマに次ぐ高位の化身ラマへの称号で、無量光仏(阿弥陀如来に相当)の化身とされ、輪廻転生 (生まれ変わり) によって後継者が定められています。宗教を否定し、仏教をも顧みることのない中国政府にとっては、「彼らの上に来る存在」は、すべて我慢がならないのです。
 チベット亡命政府、人権団体、国連などが連れ去った中国政府に対して、ニマ少年の消息を明らかにするよう要求していますが、いまだに回答なし。すでに、殺害されてしまったと考える人が多くなっています。

 ところが、神・仏を否定しているハズの中国政府が、共産党幹部の子供であるギェルツェン・ノルブという少年をパンチェン・ラマ11世として選出したのです。中国共産党は「神」さえも決めるのです。
 輪廻転生によって使命を持ってこの世に生を受けた人間は、もっとも恐れられるのです。中国政府は、偽装の神によって覇権的支配を強めようという戦略に切り替えたのです。

 一方、西欧の科学者たちは、リーインカネーション(reincarnation:輪廻転生)を研究し始めています。そして、今まで、どちらかというと学界で異端視されてきた「あの世の世界」のことが、そうした学者たちによって表に引っ張り出されているのです。
 今、前世の記憶を持つ子供が増えています。生まれてくる前の記憶を話すのは、ちゃんと話ができる3歳~5歳くらいまでの子供で、その数は増えています。
 子供の証言を確かめてみると見事に過去の事実と合致するのですから、前世の記憶を話す子供が、実際の過去世の生活を語っているものと考えざるを得なくなるのです。

(続きはコチラ)
   ↓

「生まれる前の記憶」を親に語る子供が増えている(カレイドスコープ)
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2792.html

------------------------------------------

 日本では既に江戸時代にこの種の研究がなされており、文政五年(1822年)、武蔵国多摩郡中野村(現在の東京都中野区内)に住んでいた当時八才の勝五郎という少年が、前世での出来事や亡くなった時のこと、また再生することになった経緯などについて語ったことを、国学者・平田篤胤先哲が『勝五郎再生記聞』として著わされています。

(詳しくはコチラ)
   ↓

「生まれ変わり」の事実(1)(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=13

<関連>
大学の研究チームが導き出した前世の記憶をもつ子供の特徴は?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1513.html

「袖振り合うも他生の縁」について
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2405.html

人の世は一度だけにあらず
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2274.html

国学者たちが幽界研究に心血を注いできた訳
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2178.html

太古の日本人の「生死」についての考え方
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1524.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング