きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

本来の「日本文化」を大切に

 普通は右寄りの人が「日本の文化」が好きで、左寄りの人はとかく理屈が先だってヨーロッパ文化を大切にしがちである。もっと簡単に言うと右寄りの人は「情・体」で、左寄りの人は「知」。つまり、「知・情・体」と言われる人間の構成要素のどこに重きを置くかによって右になったり左になったりする。
 ところが戦争が終わった後の状態を見ると、左の人は相変わらずアメリカ・ヨーロッパだが、右寄りの人は戦争に負けて日本文化に自信を失いアメリカにすり寄った。その結果、戦後の日本はアメリカ一辺倒になってしまった。
 それでは、日本の文化とアメリカの文化を比較すると、どちらが良いのだろうか?簡単に比較してみて、また一つ一つは機会があったらより細かく整理をしていきたいと思う。

<その1 道を聞いた場合>
 アメリカで道を聞くと、「知らなくても教えてくれる」。私は最初、このことを知らなかったので、何回かひどい目にあった。道に迷って通りすがりの人に聞くと、自信たっぷりに、「少し行ったら右に曲がって・・・」と親切に教えてくれる。
 それを鵜呑みにしてそのまま行くと全く違う。アメリカでは道を聞いても「知りません。すみません」と言わないことが多い。最近、インドネシアでダイバーを船に収容しないで勝手に帰ってしまった人がいたが、外国では普通のことのように思う。
 日本で道を聞いて、知らない人がでたらめを教えてくれたことを経験したことがない。日本人は誠実で真面目である。知らないのに知ったかぶりをして教える文化と、知らないことは知らないという文化とどちらが良いだろうか?

<その2 お金を返す>
 日本の江戸文化を示す典型的なものに「借りたお金を返す」というのがある。日本では当たり前のことで、返さないほうがおかしい。
 このことである時に私の知り合いの社長が次のようにいった。
「財産としては土地が一番いい。土地と言うのは価値もあまり変わらないし、第一、お金を借りても返さなくてもいいから」と言った。そのあとすぐ、「でも、武田先生はやめておいたほうが良いですよ。お金は返すものだから」とニヤッと笑った。
 江戸時代にはお金の借用証には「もし、返さなければお笑いになって結構です」と。つまり「恥」を重んじた日本文化では、「あいつはお金を返さない。愚かな奴だ、アッハッハッ」と笑われるのは死よりも辛いことだったから、キチンとした借用証は不要だった。
 ある大手の商社の重役は私に「相手の国は信用できないが、そこの事務所に日本人が一人でもいれば資金回収は大丈夫だ。日本人だけは世界で違う」と言った。
 ある銀行のトップは私に「日本のサラ金が成功したのは、日本人が借りたお金を返すという文化を持っていたからだ」と言った。

 素晴らしい日本文化ではないか! それを今では首相から始まって大臣も、代議士も、高級官僚も、東大教授も、NHK経営委員も、すべて日本文化を捨て去ったようだ。そんなにアメリカやドイツが好きなら、日本から出ていったほうが良いのではないか。



「日本の文化」を大切に その1 大衆の文化(武田邦彦)
http://takedanet.com/2014/02/post_82c6.html

-----------------------------------------------

 江戸時代の国学者・本居宣長先哲は、「から心、直し給へと、大直日(おおなおひ)、神の直日を、乞ひ祈(のり)奉(まつ)れ」と詠まれ、漢籍などを学んでその説に感化され、中国の国風や文化に心酔して失われてしまった大和心(上代における日本人の精神)を取り戻すことが必要であると説き、本居先哲没後の門人となった平田篤胤先哲などの活動によって国学(日本古学)が広まり、幕末から明治初期にかけて本来の日本の大和心を取り戻すことに成功しました。

 しかしながら、それは一時的なもので、今度は西洋化の波が一気に押し寄せ、西洋の文物に心酔する人々が多くなり、それが諸外国と戦火を交える一因ともなりました。戦後はさらに西洋化が加速して、大和心は風前の灯となっているように見えますが、その火を消すことなく誰かが後代に伝えていけば、中国文化心酔が衰退したように西洋文化心酔もいずれ衰退し、再び日本文化の大いなる復興期が訪れるものと思われます。



<関連>
「大和魂」の歴史
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2342.html

自主性のない無抵抗な洋風化文明開化主義によって恐るべき変貌を遂げた国家神道
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2153.html

日本の精神遺産
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2562.html

欧米追従は文化の退化をもたらす
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1898.html

いま重要なことは日本人本来の心性「やまとごころ」を取り戻すこと
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1978.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング