きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

子宮頸がんワクチン副反応の実態

 子宮頸がんワクチンの接種後に体の痛みなどの重い副作用が生じている問題で、厚生労働省の有識者検討会は20日、こうした副作用は「接種による痛みや不安に対する心身の反応が引き起こしたもの」との見解をまとめた。

 現在、接種を積極的に勧めることを一時的に中止しているが、2月に開催予定の次回の検討会で最終的に安全性を確認した上で、再開の判断が出される可能性が出てきた。

 この日の検討会では、これまでの議論を踏まえ、接種後に起こる痛みなどの原因について話し合われた。その結果、患者の症状などから、ワクチンの薬液が神経の異常や中毒、免疫反応を引き起こしていると説明するのは難しいとの見解で一致した。

 また、医学的に局所の痛みは通常2週間以内に治まるとし、接種後、1か月以上たってから発症している場合は、接種との因果関係を認めるのは困難とした。接種後に起こった症状が3か月以上続く場合、その原因として、接種以外のほかの要因の関与も考えられると結論づけた。



子宮頸がんワクチン副作用は「痛みに心身反応」(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140121-OYT1T00186.htm

-------------------------------------------

 このような見解を発表する厚生労働省の有識者検討会の方々は、下記の動画にあるような子宮頸がんワクチン副反応の実態を知らないのであればそもそも「有識者」ではなく、あるいは知っているのであれば例え犠牲者が出ようともワクチン接種を推進したい何らかの理由があるのでしょう。


子宮頸がんワクチン副反応の実態
http://www.youtube.com/watch?v=a3CrbPx2X30



<関連>
抗うつ剤や睡眠導入剤による弊害
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2701.html

インフルエンザ・ウイルスは実験室で作られている!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2240.html

<参考>
子宮頸がんワクチンの副作用報告が相次ぐ⇒厚生労働省「不安が原因。色々な症状が報告されているけど、ワクチンは関係無い」(真実を探すブログ)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1625.html

副作用だらけの子宮頸がんワクチンを最初に推進したのは舛添元厚労相だった!2009年の舛添氏「ワクチンを他のものより優先したい」(真実を探すブログ)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1537.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング