きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「靖国」という社号の由来

 靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。
 靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。


靖国神社HP「靖国神社の由緒」より
http://www.yasukuni.or.jp/history/

------------------------------------------

 「靖」は「やすい」「やすらか」「やすんずる」と読むように「安」と同義で、「靖難(せいなん)」あるいは「靖乱」とは「乱れた天下を治め、鎮める」こと、「靖兵」とは「戦争を終わらせる」こと、「靖国」は「国家を安らかに鎮め、治める」という意味ですので、他国との関係悪化を招く行為は「靖国」の趣旨に反するものといえるでしょう。

 そもそも英霊を拝するのであれば、靖国神社で大麻を戴いて自宅の神殿(神棚)に奉安し、神饌を捧げ奉り、独り静かに誠心(あかきこころ)を以て「霊祭(みまつり)永久(とこしえ)に絶ゆることなく、美(うるわ)しく賑わしく仕え奉らしめ給い、幽冥(かくりよ)に坐(ま)す御霊等(みたまたち)の御名を落とすことなく、功業(いさおし)高く輝かしめ給え」などと祈念申し上げれば良いので、わざわざこれ見よがしに参拝する必要はないはずです。

(靖国神社大麻はコチラ)
   ↓

靖国神社HP「授与品・頒布品のご案内」
http://www.yasukuni.or.jp/item/juyo.php


 なお、私たちが靖国神社に参詣する際には必ず明治神宮にも参拝し、皇統の弥栄と日本国の平安、及び豊葦原之水穂之国(とよあしはらのみずほのくに)の繁栄を祈念申し上げます。
(大和言葉のクニとは国家を表すだけではなく、今でも北方の地域のことを「北国」といい、故郷へ帰ることを「クニへ帰る」といい、また江戸時代までの日本では、国内の各地域を「○○之国」と称していました。また『古事記』などの神典や『大祓詞(おおはらえのことば)』に見える「豊葦原之水穂之国」とは地球のことで、つまり神道の愛国心とは生類が生息する全ての地を愛するということで、これは神武天皇即位の詔「八紘一宇(世界を一つの家のようにする)」や、今上天皇の一般参賀でのお言葉「年の初めにあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」にも表れており、愛国心=自国だけを愛し他国を憎む心ではありません。)



<関連>
有神論で成り立つ日本の国体
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2667.html

太古の日本人が考えていた愛国心とは?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1510.html

脳がバランスよく働く「日本的思考」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1887.html

<参考>
8万人超が皇居に…新年一般参賀「世界に幸せを」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140102-00000021-ann-soci



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

 

ネット右翼はいきすぎてますね。中国韓国、国内の国を売る人達に対して間違いを指摘しはじめて今は中国韓国をバカにする憎むに変わってる気がします。
ただ彼らがいなければ政府マスコミも今までどうりなあなあで済ませてた気がします。
少しずつ変わってきてる気がしますが間違った方向に暴走するのはいけないですね。
  • posted by 桜 
  • URL 
  • 2014.01/09 18:34分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

桜さん
様々な思想があって良いと思いますが、「下品」はいかがなものかと思います。
  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2014.01/10 10:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング