きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

超ご多忙な天皇陛下の元日

 一年の初日を元日という。元は「人の首の部分を丸く大きな形で示した人の全身形」(白川静氏『字統』)だという。元首・元服・元号などの元であり、頭(かしら)・原(もと)・初を意味する。その旦(あさ)を元日というが、天皇のお正月は、元旦早々からお忙しい。
 宮中の元日は「四方拝」から始まり、続いて「歳旦祭」が行われる。この元日にも二日にも、国内外の代表者や一般国民の祝賀行事が何回も繰り返される。ついで三日には「元始祭」、さらに平成の現在は、三日後の七日に「昭和天皇祭」がある。

 まず元日の四方拝は、平安初期から清涼殿の東庭で行われてきたが、明治以降、いわゆる宮中三殿の西側に建つ神嘉殿の南庭で行われている。午前四時ごろ、まだ真暗闇であるが、民間の特別な勤労奉仕団の人々が焚く庭憭(庭で焚く火)の薄明かりを頼りに、掌典職の若い職員たちが準備を始める。
 すなわち、南庭の階段に近い四間四方の簡素な吹き抜け仮屋の中で、白砂の地面に荒薦(あらこも)・白布と真薦(まこも)・蘭薦を重ねて敷き、その上に御座(拝座)の厚畳(三尺四方)を置き、拝座の前面に左右二基の菊灯を点(とも)す。その周囲に二双の屏風を廻らし、西南の方位(伊勢神宮の方向)を少し開けておく。東京でも元旦未明の殿庭あたりは、霜が降りて凍るほど寒いという。

 そのころ天皇は、吹上の御所で潔斎(沐浴)してモーニングコートを召され、皇后に見送られて、自動車で宮中三殿の奥(北)にある綾綺殿へ移られる。この更衣所で、当日の儀服の黄櫨染の御袍(ごほう、黄褐色の生地に桐・鳳凰・麒麟の紋を織り込んだ特製の束帯)を召され、立纓(りゅうえい、ピンと立った冠の飾り)の御冠を被り笏(しゃく)を持たれる。
 こうして身支度を整えられた天皇は、御手水(おちょうず)のあと、脂燭(松明)を持つ侍従と掌典長の先導により、廊下の続く神嘉殿の東から南を経て殿庭の仮屋へ入られる。屏風の西側には掌典長・侍従長と侍従・掌典、また東側には宮内庁長官・式部官長と侍従・掌典が並んで着座する。

 そして五時半、天皇は御座に着かれ、まず西南に向かって伊勢の両宮(皇大神宮と豊受大神宮)、つぎに天地四方の天神地祇、ついで皇宗神武天皇の御陵(奈良県橿原市)と先帝昭和天皇の御陵(東京都八王子市)、さらに武蔵国一宮の氷川神社、山城国一宮の賀茂上下両社、応神天皇などを祀る石清水八幡宮、神器の草薙剣(くさなぎのつるぎ)などを祀る熱田神宮、天孫降臨に随従した武神を祀る鹿島神宮(常陸国一宮)と香取神宮(下総国一宮)などを、順々に遥拝される。

 元旦の四方拝に続く歳旦祭は、第一に賢所、第二に皇霊殿、第三に神殿の中で行われる。その賢所と皇霊殿には、深夜一時から、正装(小袖・袴・衣)の内掌典(祭祀に奉仕する女性の内廷職員)たちが、それぞれの内々陣で、「……元旦につき、当年も相変わりませず、おめでとう年の初めに、三々九度の御盃供せられます……」との口上を申しながら、御酒を御盃についで御神前に供え、たくさんの小さな金の御鈴を引き鳴らす。ついで五時ごろ、斎服姿の掌典(祭祀に奉仕する男性の内廷職員)たちが神饌と幣物を奉り、掌典長が祝詞を奏する。
 やがて六時ごろ、四方拝を終えられた天皇が、神嘉殿から廊下を渡って賢所へ入り、内陣に着座される。そこで御玉串を執って御拝礼になり、その御玉串を掌典長が御神前に奠(お)くと、内々陣にいる内掌典が御鈴を引き鳴らす(これは賢所のみ)。その十分近い間、天皇は正座のまま平伏しておられるという。
 こうして掌典長が祝詞を奏し、天皇が御拝礼になる歳旦祭は、賢所に続いて皇霊殿と神殿でも、同様に繰り返される。

 天皇が神殿を退出されると、続いて皇太子が掌典長先導で賢所・皇霊殿・神殿の順で内陣に参進して拝礼される。そのころ、ようやく東の空が少し明るくなるので、今上陛下も皇太子時代(昭和四十九年)、次のように詠んでおられる。

「神殿へ簀子(すのこ)の上を進み行く 年の始の空白み初む」




『天皇の「まつりごと」』(所功)より

------------------------------------------

 人知れず徳を積むことを陰徳と申しますが、一般の国民が知らないところで人類の平和と繁栄を祈り、日本古来の伝統を守られる天皇陛下のお姿を尊しとし、「皇上を尊ぶ」という精神が生まれました。

 古神道では、元日は午前零時より北天を拝して歳旦祭を斎行致しますが、天照大御神の神勅「宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)へまさむこと、天壌(あめつち)の與(むた)、無窮(とこしえ)なるべし」の通り、皇室の弥栄を心より祈念申し上げたいと存じます。



<参考>
陰徳を積む(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=46

神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=163


ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング