きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

霊性意識を活用しよう!

 中村天風は霊感を、五感を超えているところから「第六感」とも呼んだ。その身近な例としては「虫の知らせ」というのがある。もともと人間として生命を得たからには、誰でもこの感覚を持っているのだが、文明人になるにしたがって、この働きが弱くなってしまった、と述べ、「だからこの霊感(自覚正念)を磨けば、無念無想になれる」と中村天風は述べた。中村天風は意識を「肉性意識」と「心性意識」と「霊性意識」に分類し、3つめの「霊性意識」の中に第六感(霊感)も含まれている、とした。そして次のように述べた。

 人間が人間らしく生きるには、まず何よりもこの霊性意識を活用しなければならない。ところが、いまの人は霊性意識など忘れてしまって、なんでも心性意識、つまり理性心(頭で考えること)さえ鍛えればいい、と思っている。もちろん理性は大切だ。文明を発達させたのはこの理性だといってよい。だが、それで人間は幸せになったか、というのだ。いくら文明が発達し生活が豊かになっても、不幸や不満足があることは理性では解決しない。つまり、それは大本にある霊性意識が働いていないからだ。



「第六感」(Wikipedia)より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%85%AD%E6%84%9F

--------------------------------------

 中村天風氏はインドのヨーガの聖人・カリアッパ師に弟子入りし、ヒマラヤ山麓にあるゴーク村で2年半修行を行い、日本に帰国してから天風会を創始して心身統一法を広めた方ですが、これもある公演を行っている最中に突然感じるところがあり、一週間の間に一切の社会的身分、財産を処分して「統一哲医学会」を創設し、街頭で心身統一法を説き始めたのが始まりでした。

 私もインドの先生に就いてヨーガを実修しましたので心身統一法の意味はよく分かりますが、さらに古神道の鎮魂法や使魂法を修するようになって、日本にも優れた心身統一法があることを知り驚きました。
 「虫の知らせ」は「嫌な予感」や「胸騒ぎ」とも同義で、このことは多くの方が経験されていることと思いますが、日本古学(国学)ではその玄理について次のように解説されています。


「人間も、「火事場の馬鹿力」といわれるように、窮地に陥ったときに異常な力を発揮することがありますが、これは無心になって情欲を捨て去ることにより、日常生活では活用されていなかった本来の魂徳(生命力)が発動し、普段は見せない力を発揮するものと考えられます。
 また、近親者の不幸を未然に感じることを「むしが知らす」といいますが、この「むし」というのは「虫」のことではありません。これは「むし」、「むす」と活用する語で、「産霊(むすび)」の「むす」と同じです。
 人の魂(霊)は幽界に属するものですから、もちろん幽界のできごとを知る徳がそなわっています。近親者の死という現象は幽界にも大きく関わっていますので、その幽界で起こったできごとを魂が察知し、魂がそれを心に伝えるため、後で考えるとその兆(きざ)しを事前に伝えられたように感じるのです。このことが古くから「産霊が知らす」と伝えられてきたのですが、「むし」、「むす」の活用によって「むしが知らす」となったものです。」



密接に関わり合う顕と幽(日本古学アカデミー)より
http://www.nihonkogaku.com/content/index_top.cgi?start=240&co=240


 「産霊が知らす」が「虫が知らす」になってしまった理由としては、「虫のいどころが悪い」、「虫が好かない」、「腹の虫がおさまらない」などの言葉による影響があるように思われますが、これらの「虫」とは「三尸九蟲」と呼ばれる霊物のこととされています。

(「三尸九蟲」についてはコチラ)
   ↓

悪念妄想の正体(1)(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=19


<関連>
人類はこの3000年の間に知性・感性共に退化している!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2485.html

人類の霊性は退化している!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1737.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング