きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「嫌なものはみんなやっつけてしまおう」というおかしな風潮

 十月に九十四歳で死去した漫画家やなせたかしさんが軍隊の体験について初めて本格的に語った本『ぼくは戦争は大きらい―やなせたかしの平和への思い』が二十一日、刊行される。日本で近年広まりつつある好戦的風潮に危機感を抱き、平和への思いを最後に残したロングインタビューになっている。

 インタビューは今年四~六月、事務所で行われた。「(戦争を)思い出すのも、話すのも嫌」としていたやなせさんは積極的に軍隊経験について語らなかったが、本書では「日本が戦争をしたという記憶が、だんだん忘れ去られようとしています」と“解禁”した理由を明かし、戦争のむごさ、愚かさを説き起こしている。

 日本が太平洋戦争に突入した一九四一年十二月八日、やなせさんは福岡県にあった陸軍の部隊にいた。馬部隊、暗号班などを経験し、終戦までの間に中国・福建省の福州などを転戦した過去を振り返った。

 本書のあとがきで「世の中全体が嫌なものはみんなやっつけてしまおう、というおかしな風潮になっている」と警鐘を鳴らし、「『アンパンマン』の中で描こうとしたのは(中略)嫌な相手とでも一緒に暮らすことはできるということ」とし、「日頃からがんばって、みんなが戦争なんてしなくてすむ世の中にしよう」と訴えている。



「世の中おかしな風潮」 やなせさん 最後の思い(東京新聞)より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013120802000125.html

-----------------------------------------

 日本語で悪事や罪を「とが(咎)」といいますが、「とがめる」は「非難すること」、また「とがる」は先端が鋭いという意味で、「とがる」状態をつくること、たとえば包丁を鋭くするようなことを「とぐ」といい、「とが」の最後の母音が変化すると「とげ(棘、刺)」となるように、「とがめる」「とがる」「とぐ」「とげ」は全て「とが」の仲間の語です。
 そして指に刺さる棘のように、社会に「とげ」を刺すもの、社会の調和を乱すもの、集団性を破壊するものが「とが」であり、それを「罪」「悪事」と考えていました。

 つまり、伝統的な日本の思想では「嫌なものはみんなやっつけてしまおう」というような考えは悪事や罪ということになりますが、自然と共生してきたはずの日本人が他人と共生できなくなってしまったというのも奇妙なことです。
 特に政治を行う方々は、本来であれば「日頃からがんばって、みんなが戦争なんてしなくてすむ世の中にしよう」と国民に訴えるのが正道(政道)のような気が致します。

 天皇陛下も先日のインド大統領主催晩餐会において、「この方々の民主主義、国際主義、さらには非暴力を旨としたガンジーの思想の流れをくむ平和主義を理想とする国造りへの高い志に触れたことは、今日もなお私どもの中に強い印象として刻まれています」と述べられています。



<関連>
脳がバランスよく働く「日本的思考」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1887.html

太古の日本人が考えていた愛国心とは?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1510.html

「大和魂」とは「大いなる和魂(にぎみたま)」のこと
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1025.html

<参考>
陛下のインド大統領主催晩餐会お言葉全文(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131203/imp13120316250003-n1.htm

アジア歴訪でバイデン副大統領のクチにした「不測の事態」はどこまでか(ジャパン・ハンドラーズと合理的選択)
http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/35454028.html


ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング