きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

戦前までの11月23日は「新嘗祭の日」

 11月23日は、戦前までは「新嘗祭の日」でしたが、GHQの占領政策により天皇行事・国事行為から切り離される形で改められて「勤労感謝の日」となり、現在に至っています。
 日本では古くから五穀の収穫を祝う風習がありましたが、宮中・神嘉殿では天皇陛下を斎主として従来通りの神祭が行われ、また伊勢神宮を始め全国各地の神社でも新嘗祭が斎行されます。
(伊勢神宮の新嘗祭は11月23日の早朝より、まず外宮における「奉幣の儀」から始められますが、それは外宮のご祭神である豊受姫神(とようけひめのかみ)は、人類が現れる以前の遥か太古の神代の昔、五穀などを生み成した祖神(みおやのかみ)で、天照大御神が最も大切にされる神とされているからです。)

 新嘗祭は、その年の収穫を神々に感謝申し上げる祭典ですが、数多くの宮中祭祀の中でも最も重要な神祭の一つで、午後6時に夕の儀、午後11時に暁の儀が行われ、終了するのは翌日の午前1時という長時間にわたるものです。
 この神祭では、天皇陛下がたったお一人で神床(かむどこ)に入られて神々に神饌(しんせん)を供され、神祭を斎行されます。そして皇祖神(天照大御神)の神霊と共に新穀を召されますが、この時に用いられる新米は陛下が御自ら植えて収穫されたものです。
 陛下が御一人でなさる神祭の所作や祝詞、咒言などは秘儀に属するため、一般には一切公開されていませんが、ほの暗い灯火の中で行われる高貴な神霊との幽顕にわたる交流は、まさに神道の真髄といえるでしょう。

 普段は「美味い」「不味い」などといいながら当たり前のように食事をしている私たちですが、人間を始め生きとし生けるものが生存していくための食材は全て自然界から戴いていますので、せめてこの日くらいは陛下に倣い、神棚に手を合わせて感謝申し上げるべきでしょう。
(神棚拝詞に「此(これ)の神床(かむどこ)に坐(ま)す、掛けまくも畏(かしこ)き天照大御神、産土大神等(たち)の大前を拝み奉りて畏み畏みも白さく云々」とあるように、かつては一般でも神棚ではなく神室を設けて神々を祀っていたことが分かりますが、今も日本家屋の床の間は神域を表していますので、常に清浄に保つことが肝要で、神道や皇室に関係のない外来宗教や新興宗教の物、あるいは無関係な飾り物を置くことは凶です。)



<関連>
神祭や祖霊祭は盛大に
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2549.html

日本の稲作を世界に広めよう!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2216.html

「床の間」は日本文化の極み
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1375.html

<参考>
伊勢外宮に鎮まります豊宇気大神(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=75



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング