きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

和食には邪気祓いの効験が備わっている

 伝統食(和食)は圧倒的に健康に良い(だから「伝統食」になり得た)のです。欧米食と伝統食との決定的な違いは、脂肪の質にあります。例えば、牛乳からできたバターは加熱すると溶け、冷やすと固まります。牛の体温は40℃前後と言われ、ヒトの体温は36℃台ですので、高い体温で溶けていた脂肪を低い体温であるヒトの体内に入れると固まりやすく(血栓のリスクを上げる)、これが心筋梗塞・脳卒中・動脈硬化・高血圧等の生活習慣病の原因になったりするのです。逆に、ゴマ・大豆等の植物性脂肪や魚の脂肪は、体内の脂肪を溶かして掃除する働きがありますので、大変な違いです。

 また、伝統食に欠かせないイモ・豆・ゴマ・根菜類・海藻類は、ビタミン・ミネラル・食物繊維の宝庫で、美容効果をはじめ便秘・肥満・高血圧・糖尿病・ガン等の予防に大いに役立ちます。これに発酵技術が加わると、さらにその力が高まります。

 このように、伝統食は欧米食に比べてはるかに健康的であるため、35兆に迫ろうとする国民の医療費を大幅に削減することも可能なのです。

 さらに、食の欧米化は子供たちに大きなツケを残しています。生活習慣病の若年化に加え、ヒトとしての機能低下です。欧米食は軟らかい食物(ハンバーグ・オムレツ・プリン等)が多く、子供たちが噛まなくなりました。咀嚼回数の減少は「あごの未発達→歯並び悪化→咀嚼力の低下」を招いたり、「顔面の筋力低下や目の水晶体の調節困難→視力の低下」も招くと、元・宮崎大学教授の島田彰夫博士は指摘しています。

 加えて、男子の精子の激減と女子の生理不順がまた心配です。欧米食や加工食品・輸入食品の増加、環境ホルモンの激増等による未来の日本を背負う子供たちの機能低下は、日本人の劣化につながるのです。筆者が一番心配するところです。これも伝統食に戻ることの重要性を教えています。「小児には徳育よりも、知育よりも、体育よりも、食育が先」(村井 弦斎)なのです。

 昔から「健全な精神は健全な身体に宿る」と言いますが、伝統食に戻ることは心(精神)にも良い影響を与えます。長野県旧真田町(現・上田市)で教育長を務められた大塚貢先生は、非行・登校拒否等で荒れた学校をパン食から米飯給食に変えることにより、そして校内を花でいっぱいにすることによって見事に非行ゼロ、おまけに学力向上も実現したそうです。

(続きはコチラ)
   ↓

伝統食を残すことは日本人の使命(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=280845

--------------------------------------

 神道では、清酒、塩、水と共に神前に洗米をお供えしますが、これらは献饌(けんせん)というよりは邪気を祓って神前を清めるという意味があり、日本人の主食であるお米に邪気祓いの効験があることは古来よりよく知られていたようです。

 また、「噛む」という行為は霊的にも意義のあることで、古神道の行法で、歯を叩き、津液(唾)を練って下丹田に降ろすという法がありますが、これも邪気を祓い身内を清めるための神法道術の一種です。

 さらに例を挙げると、人日の節句(1月7日)の七種粥に用いられる春の七草や、桃の節句に用いられる蓬餅も邪気祓いの効験があることは同様で、また端午の節句に菖蒲を屋根や軒に刺したり菖蒲湯として風呂に浸すなども、すべて邪気除けの法です。

 このように、日本の伝統食には邪気祓いの効験が備わっておるものが多く、健康や環境に良いのもうなずけます。和食がユネスコ無形文化遺産に登録される可能性が高いとのことですが、日本の伝統食が世界に広まることによって、地球上の邪気が祓い清められることになれば素晴らしいですね。



<関連>
和食に欠かせない旨味を英語で言うと「umami」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2186.html

<参考>
「雛祭り」の本来の意味(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=90

清明伝(1) -災いは穢れから-(日本古学アカデミー)
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=198



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング