きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

「野菜ジュースは体に良い」と思っている方へ

 『食品の裏側―みんな大好きな食品添加物』著者の安部司さんと、『カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側』を出版した医師の大西睦子さんが、食全般に関わる恐るべき真実について語った記事(ダイヤモンドオンライン)がありましたので、一部引用します。

・引用初め・・・・・・・・・・・・・・

安部氏:
 抗生物質づけの食肉もさることながら、もっと気になるのは野菜の水耕栽培ですね。水耕で抵抗力がないので抗生物質と似た化学化合物を投与していますし、超多毛作なので植物ホルモンも与えています。しかも、葉っぱを大きく育てるために窒素肥料を大量に投与しがちですが、その結果として硝酸態窒素が残り、それを人間が大量に摂取するとチアノーゼ(メトヘモグロビン血症)を起こす可能性があるのです。
 欧州では、野菜への硝酸態窒素系の残存量に非常に厳しいので、同地域の基準値に照らすと2~3倍もの残留が検出される日本の野菜は輸入禁止になる場合もあります。硝酸態窒素の含有量の基準そのものが日本にはないんですよね。
 それに、日本では野菜そのものだけでなく、加工製品も要注意です。そのひとつが野菜ジュースで、ある製品では水道水基準値の10倍もの硝酸態窒素の残留が検出されたといいます。原料の野菜の多くは海外複数国で濃縮(低温沸騰させて6分の1程度に煮詰めたケチャップ状にして輸入し、国内で水で戻して“還元”して使われる)される際に、ビタミンCや酵素は壊れてしまう。その証拠に、ビタミンCを含む市販の野菜ジュースはほとんどないはずです。もし栄養成分にビタミンCが含まれているなら、それは栄養強化と変色防止のためにビタミンCが後から添加されているのです。

大西氏:
 私は今回出版した著書で、「野菜ジュースはフルーツジュースより低カロリーながら、塩分多く含むこともあるので注意したい」という趣旨の指摘をしましたが、さらに注意すべきポイントも存在したわけですね。

安部氏:
 飲料業界においては、1冊の本が書けてしまうほど怪しげな製品が多いのが実情です。要は液体の混ぜ物ですから、同じ製造ラインでさまざまな製品を作ることができることも、その一因でしょう。
 一例が、お父さんたちが毎晩飲んでいるビール風味飲料です。「新ジャンル」と呼ばれる製品は、非常に大まかに言うと、1本の発泡酒から3本分作ることができます。麦芽やホップを直接使用しなければ酒税が安くなるので、発泡酒を大麦スピリッツ(大麦を用いた蒸留酒。酒税上はリキュールに分類)などで割って伸ばして製造しているからです。ほとんどがリキュールですから、言わばビール風味の缶酎ハイですね。

大西氏:
 それに、「カロリーゼロ」や「カロリーフリー」をセールスポイントにした一部の発泡酒や「第3のビール」には、甘味料のアセスルファムカリウムやカラメル色素が添加されていることも気掛かりですね。

(続きはコチラ)
   ↓

野菜ジュースはむしろ体に悪い(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=282433

-------------------------------------------

 実は私も数年前までは野菜ジュースの愛飲家で、体に良いと信じて疑うこともありませんでしたが、古神道を修するようになってからは邪気に敏感になったせいか、人工的に作られた加工食品に対して違和感を覚えるようになり、色々と調べていく内に上記のようなことを知識するようになりました。

 かつての日本人は、自然のままに新鮮な旬の山の幸、海の幸を戴いていたはずですが、その方が自然に対する感謝の気持ちも育まれるような気が致します。
 ちなみに、生活が洋風化する以前の日本人は、粗食だったため体が弱く体力も無かった、というのは大きな誤りのようです。
   ↓

明治初期の日本人の体力に驚いた外国人(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=282061


<関連>
「牛乳はカルシウムが多く、健康に良い」と思っている方へ
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2330.html

今も続く自主性のない無抵抗な洋風化文明開化主義による弊害
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2157.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング