きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

伝統的ユダヤ教は絶対平和主義

 今年の8月21日、シリアの首都ダマスカス郊外で化学兵器が使用されたとされる「惨劇」以降、急激に可能性が高まっていた米国によるシリアへの軍事介入は、化学兵器の国際管理というロシアの提案が受け入れられ、一時的に回避されることになった。9月14日のことである。

 今回のシリア情勢をめぐり、常に米国の背後に隠れながら、米国によるシリアへの攻撃を促し続けていた国がある。イスラエルである。スイスのジュネーブで、ロシアのラブロフ外相とともにシリアの化学兵器を国際管理下に置くとする声明を発表した米国のケリー国務長官は、その足でイスラエルの首都エルサレムに飛び、9月14日同日、ネタニヤフ首相に「米国の軍事圧力は本物だ」とわざわざ報告したのである。

 イスラエルはなぜ、これほどまでに米国に対して影響力を行使できるのか。イスラエルとは、一体どのような国なのか。そもそもユダヤ人とは何か、イスラエル建国の契機となる「シオニズム運動」とは何か、根本的な問いに立ち返る必要がある。

 シオニズムを批判する者は、その内容の如何にかかわらず、「反ユダヤ主義」とのレッテルを貼られてしまうという。
 しかし、先住民であるパレスチナ人を力づくで追放し、土地を奪い、返還しないという強引な植民地化に対し、厳しい批判を加え続けている知識人たちもいる。

 他ならぬ、ユダヤ系の知識人たちである。

 『イスラエルとは何か』『トーラーの名のもとに』の著者であるヤコブ・M・ラブキン氏(モントリオール大学教授)は、著書の中で、シオニズム運動とイスラエルの建国が、伝統的なユダヤ教の教えに反したものであると、正統派のユダヤ教のラビ(宗教指導者)たちが繰り返し批判してきたこと、パレスチナ人たちに土地を返すべきであると主張していること、そうした「神に従う良心の声」がこれまで黙殺されてきたことなどを明らかにしている。

 そのラブキン氏と親交があり、両書の翻訳も務めた東京理科大学教授の菅野賢治氏に、イスラエルという国がいかに伝統的なユダヤ教を歪めたかたちで成立しているか、話をうかがった。

(続きはコチラ)
   ↓

歪められたユダヤ教――「人工国家」イスラエルと米国の拡張主義~岩上安身による東京理科大学教授・菅野賢治氏インタビュー(BLOGOS)
http://blogos.com/article/71601/?axis=g:0&p=1

----------------------------------------

 これまで「ユダヤの陰謀」的な説は多くありましたが、このような記事が公に掲載されるということはとても興味深いものがあります。
 世界的には20世紀後半の覇権国アメリカの衰退によって情勢が大きく変わりつつある中、日本では出雲、伊勢両宮の遷宮が終って神無月(出雲では神在月)に入り、いよいよ新しい時代が到来する準備がなされているのかもしれませんね。

 ちなみに、ユダヤ教のラビであるモルデカイ・モーゼ氏は、著書『日本人に謝りたい』で次のように述べています。





「日本人とユダヤ人及び人類の悲劇は、ユダヤ人が戦前の日本の天皇制の本質を知らず、戦前の日本の姿こそユダヤ人が求めてきた理想であったことに気付かなかったことである。
 フランスを始めとして各国の君主制を打倒した我々ユダヤ人の最後の攻撃目標は、日本の天皇制であった。「エノーラ・ゲイ」とは、「天皇を抹殺せよ」という意味である。しかしその後、日本の天皇制こそユダヤ民族の理想であったことに我々は気付いたのである。
 我々ユダヤ人が初めて天皇制の類い稀な世界に燦(さん)たる本質、ユダヤ民族の理想である要素を完全に教えてくれたのは、戦後の天皇とマッカーサーの会見の時であった。
 天皇が開口一番、自分の事はどうなってもいいから国民を救ってほしいと切り出した時、マッカーサーは驚天せんばかりあった。西洋の君主は、いざ革命、戦争、政変等があった場合は、直ちに自己の生命の保証と財産の保全を求めて亡命等を計るのを常とするからである。
 世界のどこにおいても、君主はみな国民大衆に対しては搾取者の地位にあるものである。従って、亡命する時は財産を持って高飛びする。これが常識である。だが、日本人の知っている限り、このようなことは天皇制というものの概念の中には全く存在しないのである。
 私が日本の天皇制の本質を知った時の驚きがいかなるものであったかは、推して知られたい。地球上にユダヤ民族の理想が実在したのである。一般のヨーロッパ人は、とてもこのような素晴らしいものを創ることはできないであろう。」

「比較文化論的に考察するに、日本人は西洋人一般よりも理性的にはるかに優れているといえよう。今まで述べた戦前の美点もつまるところ、日本人が理性的に西洋人をはるかに凌駕していることに外ならない。この点で西洋人が日本人に追いつくには数世紀、いや数十世紀、あるいは永遠に追いつくことができないかも知れない。
 こういう相手と付き合う場合、否応なしにこの地球上で生存するためには付き合わなければならないが、このことがどういう結果になるかということである。
 日本人は「国際性」という場合、百パーセント西洋のペースに日本人が適応することというふうに考えているようであるが、これは人類の文化の退歩を招くことであり、断じてそうあってはならない。これは全く逆立ちしている。西洋人こそ日本人に適応させなければならない。何故なら日本人の理性の方がはるかに西洋人のそれより進んでいるのであるから。ところが、西洋人は未だそんなことなど全く理解していない。この理性的なものの差は、数世紀やそこらで埋まるものではないと私は考える。
 残念ながら、現在の人類の理性の水準では、西洋人側の単純極まりない思考法が表通りを大手を振って歩いているのである。これでは人類の進歩はあり得ない。」



<関連>
日本再生のために必要なことは「脱ユダヤ的思考」
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1832.html

古代イスラエル人は日本にやって来た!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2084.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング