きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

神道と宗教の違い

 今ではごく普通に使われる「宗教」という言葉ですが、古の日本にはこの言葉はなく、明治になって「religion」(レリジョン)という英語が入ってきてから翻訳語として作られたのが「宗教」という言葉です。
 この「レリジョン」の語源はラテン語の「レリギオ」で、「縛る」という意味ですが、「戒律によって拘束する」という意味が込められているのでしょう。

 また、「神話」という言葉も明治までは日本語にはなく、英語の「mythology」(ミソロジー)の翻訳語ですが、江戸時代までは「古言」(ふること)と呼ばれ、また「神道」も「古道」(いにしえのみち)と呼ばれていました。

 今後、ますますグローバル化が進んでいくと思われますが、日本人としての独自性を失わないためにも、諸外国の宗教と日本の神道の根本的な違いを弁えておくべきかと思います。

(この動画は細かい部分で誤りもありますが、一般向けとして大雑把な神道の雰囲気は伝えられていると思います。)
   ↓

映画【終戦のエンペラー】では描ききれていない真の日本の姿 神道



 ちなみに古神道では、釈迦であれキリストであれ老子であれ「謫仙」の一人として見ており、それらの「仙」が出現した時世や地理的、環境的な関係によって多少毛色が違って見えますが、皆それぞれの使命を帯びて当時の人々に必要な神理(自然の摂理)の一端を伝えていったので、何教何派でなければ得道できないというような絶対的なものではないとされています。
 そして、それらの一群の「仙」たちを派遣して来た宗元的一大幽真界の体系的な実相や、より高く、より深く、より絶対的な宇宙根本玄理の追及が日本古学(古道学)の眼目です。



<関連>
「日本の根っこ」を知ろう!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2379.html

日本古来の神道に戒律や律法が無いわけ
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-868.html

神道は日本の世界文化に対する大きな貢献の源泉になり得る
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1506.html

「教祖」が存在しない神道は「宗教」ではない
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1891.html

もしも一神教の思想が日本の氏神信仰的な思想だったら?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1616.html

日本とあまりにも対照的なパレスチナの自然風土
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1730.html

イスラム教の教えが最もよく実践されているのは日本!?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1633.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング