きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

本来の「保守」とは「正常を保つこと」

 山崎行太郎氏の政治ブログからの転載です。

 山崎氏は、冷戦に勝利したアメリカがその後、一挙に衰退したように、対抗勢力を失った自民党の衰退を予測している。そしてその背後に、思想の衰弱=「思考停止」があることを指摘している。自民圧勝を平和主義の立場から批判するとか、民主党の大敗を労働組合の死だといって歓喜したところで意味はない。しかしそれが知識人・ジャーナリズムの実態である。こうした無思想の極地から、ようやく思想の再生がはじまるのかもしれない。

 山崎氏がいうように、わかりやすい言説、被害者意識からの決別こそ、今、求められ始めているのではないか。

■安倍政権の弱点は「愚者の楽園化」した保守論壇の「思考停止」にあり!!!

■安倍総理はネット右翼レベルだ

 安倍総理は6月9日に渋谷で都議会選の応援演説をしていた時、TPP参加反対デモに遭遇したらしい。彼はこのデモの参加者を自身のフェイスブックで「左翼の人達」と批判している。私はこの「左翼」という言葉の使い方に強い違和感を覚える。「あいつは左翼だ」といった批判・罵倒の仕方は、まるでネット右翼のようではないか。復興庁の役人がツイッターに「左翼のクソども」と書き込んだことが話題になったが、それと同レベルだ。

 そもそも、小林秀雄や江藤淳、福田恆存、三島由紀夫など、かつて保守と呼ばれていた人たちは、「左翼」を罵倒語として使うことはなかった。彼らは左翼に批判的だったが、同時に敬意も払っており、マルクスや丸山眞男、大江健三郎などの著作をしっかりと読んでいた。

 おそらく現在の安倍総理にも第一次安倍政権時代と同様に保守論客のブレーンがついているのだろうが、彼らの知的水準が低く、ネット右翼レベルなのだろう。そのため、彼らの話を素直に聞いている安倍総理もまた、ネット右翼と見紛うような発言をしてしまったのだと思う。

 もっとも、これは安倍総理やそのブレーンに限った問題ではない。保守論壇全体の問題だ。現在の保守論壇自体がネット右翼レベルにまで落ちてしまっていることが問題なのだ。

(続きはコチラ)
   ↓

自民党の参院選大勝は自民衰退の始まり、そして思考停止からの逆転の起点となるか?(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=279542

--------------------------------------

 「保守」とは「1 正常な状態を保つこと。2 旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること。また、その立場」(大辞泉)という意味ですが、対米従属や近隣諸国敵視、ヘイトスピーチなどが日本古来の伝統ではないことについては多くの方々がご存知のことと思います。
(ちなみに、神道では「正常」と「清浄」は同義とされています。)

 さらに、その「保守」と称する方々が崇敬して止まない天皇皇后両陛下が、隣国との敵対に大変心を痛められていることも、忘れてはならない事実でしょう。
   ↓

天皇陛下「両国の友好のため現地で謝罪を述べる事もやぶさかではない」(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20120919_144239.html

美智子さま「もう一度日韓の歴史を勉強してみよう」とご決心(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20120831_140104.html

<関連>
「日本の根っこ」を知ろう!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2379.html

「双頭の鷲作戦」にご注意を!
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-2368.html

真の日本の「保守」とは?
http://kinosemika.blog134.fc2.com/blog-entry-1217.html



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
15位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング