きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Entries

アメリカが愛した「ハモンドオルガン」

私が初めて音楽を志したのは小学校三年生の頃で、最初に習った楽器がハモンドオルガンでした。

このハモンドオルガンはアメリカで発明された楽器です。
教会などで奏でるパイプオルガンを電子化したもので、当初は高価なパイプオルガンを設置することができない黒人居住地区の教会で購入され、ゴスペル音楽とともにその道を歩み始めることとなったそうです。

音楽のジャンルでいえば、ロック、ジャズ、ボサノバなどで演奏されることが多く、教会音楽的なハーモニーを得意とする楽器のように思われます。

ロックなどの一般大衆音楽などに、教会音楽的はハーモニーを入れ込むというのは、いかに宗教に対する意識が高いかという証のようにも感じます。

日本でも多くのミュージシャンなどに演奏されていますが、後はやはり教会などで演奏されています。

現代の日本では、ハモンドオルガンよりも機能的なヤマハエレクトーンの方が主流のようですが、音色を比べると、やはり昔の型のハモンドオルガンの独特な深みのある魅惑的な音色が私は好きです。


CA3ZDXIR.jpg

昔の型の「オーロラ222K2」。
私が小学生5年生の時、買い換えてもらった2台目のハモンドオルガンです。
教本は、洋画の映画音楽が主で、当時まだ幼かった私にとっては、とてもシャレた音楽のように思えて、とても魅力的で演奏が楽しく、夢中になって弾いていました。


CA8F1EQ2.jpg

先日、20年以上も弾いていないハモンドオルガンの修理をしていただきました。
本当は、5年に一度くらいは点検して、ホコリなどの掃除をしてもらわないといけないそうなのですが、ずっとほったらかしにしていたせいで、出ない音もあったりと、楽器としては使い物にならない状態でした。
もう駄目かなと思っていたところ、急に思い立ってネットなどで調べてハモンドの技術者の方を紹介していただき、修理していただきました。
関東では、昔の型のハモンドを修理できる技術者は、今では2人しかいないそうです。
中を開けてみますと、やはりホコリだらけで虫の死骸などもあり、サビや劣化などもあったりと全体的にわたってのオーバーホールとなりました。


CATAD372.jpg

修理には6時間もかかりましたが、無事に元通りのハモンドオルガンが復活しました!
これがハモンドのもっとも特徴的な「ドローバー」と呼ばれるもので、倍音を巧みに利用して好みの音色を作っていきます。

ユダヤ教やキリスト教などを勉強した上で、西洋人たちの愛した音楽をもう一度奏でると、音楽を通して彼らの魂の叫びが伝わってくるようです。
地球上の東西を問わず、文化や芸術を極めていくと、面白いことに必ず最後には祈り(宗教)にたどりつきます。
なぜなら、人間という生き物は魂の宿った存在であり、最後は魂の世界に帰るからです。
世界人類が同じ平和的な神教を信じれば、きっと平和な世の中が実現できるのでしょうね。


<参考>
日本古学アカデミー#0003【「たましひ」の響き】
http://www.nihonkogaku.com/content/report.cgi?co=3



ランキング参加中。応援してくださる方はこちらを全部クリック!
人気ブログランキングへ精神世界ランキングにほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

 

わ~><感激しました。ハモンドの音、聴いてみたいですね~なんでもデジタル化ってのは、やはり何かが不足してると思います。私達、人間は霊も魂もある生きもの。ミカさん、是非、大事にしてあげてください。
  • posted by naophon 
  • URL 
  • 2012.02/02 14:18分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

naophonさん

コメントありがとうございます。

デジタル化が進むと同時に、その分何かが失われていくような気がしますね。
音楽でいうと、デジタル化は機能的で録音質も良くなってきましたが、アンティークな暖かさや深さが無くなり、すぐに飽きてしまうんですよ。
するとまた昔のアンティークな音が懐かしくなり、使い勝手は悪くても、昔の音の方が人間的で良かったねってことになるんです。
デジカメも同じような気がしますね。


  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2012.02/03 16:00分 
  • [Edit]

こんばんは 

このオルガン初めて見たので、どんな音がするんだろうってyoutube
で調べてみたらびっくり、なんとディープパープルの「ハイウェイスター」でもしっかり使われていたんですねぇ。私が中学生の時に初めて買ったアルバムがディープパープルだったので、そうかあの時聴いた神秘的な音がこのオルガンから出ていたのですね。いろいろ勉強になります。
ありがとうございます。
  • posted by satoshi 
  • URL 
  • 2012.02/04 17:51分 
  • [Edit]

うちにもハモンドあります! 

☆うちにもハモンドオルガンあります!機種名は分からないけど、この写真とまったく同じです♪うちのが写ってるのでビックリしました!!!分解掃除など、お手入れが必要なんですね。ところが、うちは旭川在住なんです。今、道内に技術者がいなくなったそうで、ハモンド修理のために本州から交通費出して修理頼んだ知人がいます。 うちのが壊れたらどうしよう?かと思っています。☆私の演奏技術やレジストは、まだまだですが、ハモンドオルガンならではの深みのある音色が良いですよね♪基本的にクラシック・ファンの自分には合っているみたいです。

Re: うちにもハモンドあります! 

コメントありがとうございます。
同じハモンドをお持ちだということでビックリしました。
今はハモンドを修理できる技術者がとても少ないみたいですね。
そういえば、私のハモンドを修理してくれた技術者の方が、出張で北海道まで行きましたとおっしゃっていましたよ(^^)

  • posted by 紀瀬美香 
  • URL 
  • 2012.11/08 15:35分 
  • [Edit]

ハモンドオルガン習ってました! 

小一から高3まで、ずっとハモンドオルガン習っていて、今では実家の部屋に置きっぱなし… 無性に弾きたくてYouTube見たりGoogle見てここにたどり着きました!懐かしくて、私のエレクトーンも同じ型です。同じくメンテナンスしないといけない状況です…😭 私はヤマハよりハモンドが一番大好きです!嬉しくて思わずコメントを、お許し下さい
  • posted by 田所 久美 
  • URL 
  • 2017.02/09 12:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
22位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング