きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Category [政治・経済 ] 記事一覧

戦後の日本は民主主義国家ではない!?

 常識的に考えれば、在日米軍は日本を守らないのだし、米軍再編で海兵隊が日本から撤退するなら、どうぞご自由にというのが日本の姿勢になる。しかし、現実は全く違う。日本政府は、海兵隊に1日でも長く日本にいてほしいと考えている。それについて説明するには、終戦以来の日本の権力構造を分析する必要がある。 1945年の終戦後の日本は、占領者である米当局(GHQ)が政策を決め、それに沿って日本の官僚機構が行政を行...

「里山資本主義」とは?

 「里山資本主義」とは、一言でいうなら「お金が乏しくなっても、水、食料、エネルギーが手に入り続ける(経済の)仕組をつくること」である。「これをすでに実践しているのが、実は日本各地の里山なのです」と主張するのは、提唱者の藻谷浩介氏である。 さらに若者の「ローカル志向」を可能性の一つとして紹介し、「日本人は高度成長期以降、自然や人間関係といった金銭換算できないものを見捨ててきました。しかし里山では、そ...

有神論で成り立つ日本の国体

 「御英霊に、政権1年の歩みをお伝えする」。安倍首相は、今回の参拝の目的をこう語る。いつしか政治問題化してしまった参拝を、鎮魂と慰霊という本来の姿に戻す。そんな決意が読み取れた。(産経新聞)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131227/plc13122703090001-n1.htm 安倍首相はこの日、記者団に対し、「戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、リーダーとして手を合わせる。世界共通のリーダーの姿勢だ」とも強調した...

「神道的経営」とは?

 平成二十四年に出版された、百田尚樹氏の書いた『海賊とよばれた男』という小説があります。この『海賊と呼ばれた男』は大ベストセラーになり、平成二十五年度の「本屋大賞」を受賞しました。表向きは小説の体裁を取っていますが、その内容はノンフィクションそのもので、実在の人物であった出光興産創業者の出光佐三氏の人物像を描いたものです。 戦後日本で石油元売企業を立ち上げた出光氏は、石油メジャーと呼ばれた外国企業...

外国のイデオロギーで日本を守ることはできない

 「ウヨク」や「サヨク」といった、冷戦的な二元論では、日本を守ることはできないと、これまで、繰り返し述べてきました。 今日は、このことを別の視点から、簡単な図式を通して、説明してみたいと思います。 社会主義が発生した世界史的な背景はまた別の機会に述べたいと思いますが、まず簡単な歴史的事実として理解していただきたいのは、「自由主義」とか「社会主義」というイデオロギーの対立は、外国で起きたものであり、...

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング