きのせみかの大和撫子な生活

清楚で慎ましく、凛とした女性を目指して・・・ 今日を大切に活きたい。

Category [皇室 ] 記事一覧

神道の倫理とは?

 昭憲皇太后が崩御されて4月11日で百年になる。明治天皇のお后(きさき)美子(はるこ)は大正3年に亡くなられた。≪百年祭でお歌をひもとく≫ 『昭憲皇太后御集』をひもとくと、生前最後の歌会始に皇太后は伊勢神宮の杉に託して末永き世代交代を祈られた。 《あらたまの今年を千代のはじめにていやさかゆらむ伊勢の神杉》 明治天皇が天照大神に祈られた御製(ぎょせい)は昔は小学校の教科書に載っていた。 《とこしへに民...

「自らの不徳を詫びる」ということ

竹田   「実は三種の神器は、幕末の御所炎上以外にも過去何回か火災にあっています。特に八咫鏡は二千年の間に三回、実際の炎につつまれていて、そのうえ、海の底へ沈むという試練を乗り越えているのですね。火災は三回とも平安時代中期に集中しているのですが、一回目と二回目の時は神殿の焼け跡から鏡が発見されました。でも三回目の時は、ちょっと火力が強かったみたいで、神器は粉々になってしまい、かけらがいくつか残った...

超ご多忙な天皇陛下の元日

 一年の初日を元日という。元は「人の首の部分を丸く大きな形で示した人の全身形」(白川静氏『字統』)だという。元首・元服・元号などの元であり、頭(かしら)・原(もと)・初を意味する。その旦(あさ)を元日というが、天皇のお正月は、元旦早々からお忙しい。 宮中の元日は「四方拝」から始まり、続いて「歳旦祭」が行われる。この元日にも二日にも、国内外の代表者や一般国民の祝賀行事が何回も繰り返される。ついで三日...

戦前までの11月23日は「新嘗祭の日」

 11月23日は、戦前までは「新嘗祭の日」でしたが、GHQの占領政策により天皇行事・国事行為から切り離される形で改められて「勤労感謝の日」となり、現在に至っています。 日本では古くから五穀の収穫を祝う風習がありましたが、宮中・神嘉殿では天皇陛下を斎主として従来通りの神祭が行われ、また伊勢神宮を始め全国各地の神社でも新嘗祭が斎行されます。(伊勢神宮の新嘗祭は11月23日の早朝より、まず外宮における「奉幣の儀」...

11月3日は明治節

 昭和23年に現行の休日法「国民の祝日に関する法律」が施行され、毎年11月3日は現在の「文化の日」となりましたが、明治期は天長節(天皇誕生日)で、昭和前期には明治節と称される祝祭日でした。 明治天皇の「五箇条の御誓文」に「智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ」とあるように、明治時代には多くの外国人技師が日本政府の招聘で来日しましたが、「日本の近代医学の父」と称されるドイツの医学者、エルヴィン・ベルツ氏...

左サイドMenu

プロフィール

紀瀬美香

Author:紀瀬美香
古学(国学)・古神道研究家。
日本古学アカデミー代表。

日本古来の大和心(清明心)をもう一度復活させましょう!清楚で慎ましく、凛とした大和撫子を目指して・・・
今日を大切に活きたい。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
18位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング